ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【まるで先生のような語り口で丸分かり】アブガルシアの「TAF製法」

フィッシングシーンで次々と出てくるテクノロジーに、なんとなく理解したような、でもイマイチ分かっていないような…。そんな経験ってありませんか。

フィッシングショーなどの展示会は、そういった技術革新的な部分をしっかり聞けるチャンスでもありますよね。

というわけで、フィッシングショーOSAKAにてアブガルシアのテクノロジーについて直撃してきました。

東先生!TAF製法を教えてください

先生:ピュア・フィッシング・ジャパン 東健司さん
テーマ:TAF製法 ~カーボン100%の革命~

ということでお送り致します(笑)。

いやぁ、素晴らしい語り口でした。ワタクシは久々に学校で授業を受けている気分でした。もう1人の記者は「予備校思い出した」と笑っておりました。

動画の解説を見ていただいて、TAF製法がどんなテクノロジーなのかは分かっていただいたと思います。

左が従来のブランクス、右がTAF製法のブランクス。同じ厚みなのですがギュッと握った時に従来のモノはたわんだが、TAF製法はまったくたわむことがなかった

詳しい解説は‶東先生〟が話していた通りなので割愛しますが、カーボン100%のブランクスを作り出せ、2倍の密度で巻き、組み合わせ次第で無限大のロッドを表現できる、そんな革新的テクノロジーがTAF製法だったわけです。