ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【触ってみた☆】デュエルのNEWエギ「アオリーQフィンエース」

デュエルから2019年2月にデビュー予定のNEWエギが2つありますとお伝えしました。「アオリーQフィンエース」「EZ-Qキャスト喰わせ」がそのNEWエギで、サラッと特徴的なことをご紹介させていただきました!

【関連記事】
今春デビューのデュエルエギ「EZ-Q キャスト喰わせ」&「アオリーQフィンエース」→コチラ

「お届け物で~す」ということで、実物が到着致しましたので、今回はアオリーQエースフィンエースのリアル感をお届けします。

 

そもそも、初代アオリーQエースといえばキレのあるダートが特徴で、シャクリでも浮き上がりにくく、エギの王道、とにかく使いやすいエギという印象があります。特殊なところはないのですが、すべてが高水準といえばよいのでしょうか。軽い力でもよくダートし、縦取りしないなぁとも感じました。

アイが固定式でしっかりとアクションを伝えてくれるのもあるのか、下手っぴなワタクシをよく助けてくれた、まさにエースでした。あと、羽(鳥毛)が丈夫で長持ちだったと記憶しています。

そんなエースに安定フィンが装着されたということで、これは期待しちゃいます。

安定フィンが、背中とテールに配置されています。これはエギの姿勢を安定させるためのパーツ。

背中のフィンはエギのローリングを制御、またバイトマーカーの役割を果たします。テールの安定フィンは上下のブレを制御。つまり、エギの上下左右のブレを制御することでイカが違和感なく抱いてくるという仕組みです。

出典:デュエル

次にシンカー部分です。「KATANAシンカー2」が採用されています。シャープなフォルムで引き抵抗も少なく、エースの特徴である鋭いダートを演出するのを助けてくれます。

フックはトリックフックを採用。これは何かというと、ガッチガチの硬さではなく適度に曲がる(開く)カンナになっていて、根掛かりした時に回収率が高いのです。実際に、結構回収した覚えがあります(そんだけ根掛かりさせたってことですが…)。

ちなみにアイは固定式でした。エースといえば固定アイという愛を持つワタクシとしてはうれしい限り(笑)。

さて、そんなエースはカラーが全20色と非常に豊富なラインナップ。

夜光ボディ(発光ピーク波長:520mm)は4色
ブルー夜光ボディ(発光ピーク波長:488mm)は11色
紫外線ボディは5色

となっています。

これだけあるとパッと見、「あれ?コレ夜光?ブルー夜光?いや紫外線か」となりそうですが、そこは新採用の鳥毛を見れば一目瞭然なのです。

出典:デュエル

アオリーQが元来持っているキレのあるダートに安定フィン、発売は2月中旬予定とのことです!

サイズは3.5号、ウェイト19g。沈下速度は3.2m/秒。

DUEL

1967年創業の老舗! 福岡県福岡市を拠点とするバス釣り&SW各魚種向けのルアー、エギ、フィッシングライン中心に手掛ける釣り具の総合メーカー。 デュエルの人気主要ブランドは3つ! 国内向けのルアーと釣り糸を主に扱う「デュエル(DUEL)」 主にイカ釣り製品と海外向けルアーを中心に扱う「ヨーヅリ(YO-ZURI)」 ラインやルアーを主に扱う「ハードコア(HARDCORE:釣糸、ルアー)」