ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカルがオフショアジギングに参入!シルエットで使い分ける「オフショアジグ」に注目

ジャッカル・ソルトプロスタッフのYOSSYこと吉岡進さんが手にしているのが、2019NEWメタルジグ「オフショアジグ(仮称)」です。

ヒラマサやブリとのビッグファイトを想定したメタルジグで、ジャッカルが本格的なオフショアジギングに参入する第1弾ジグといえます。

シルエットで使い分けるショートとセミロングの2タイプ

オフショアジグにはショートタイプとセミロングタイプがあります。面白いのはショートにはショート、セミロングにはセミロング特有のアクションが明確に分かれているわけではなく、基本的にはどちらも同じアクションで、状況に応じて「シルエットで使い分ける」システムジグです。つまり、ベイトによって使い分けるのが基本路線。

具体的には…

【ショートタイプ】イワシやイカなどのベイトにマッチするシルエット
【セミロングタイプ】キビナゴなど細めのベイトにマッチするシルエット

という具合に、釣りたい魚が食べているベイトに合わせてチョイスするとグッドです。

使い方的には…

【ショートタイプ】スローからハイピッチまでこなすアクションレスポンスに優れた形状。またある程度のシャクリ抵抗をあえて持たせているので、潮が緩い時でもコントロールしやすいのが魅力
【セミロングタイプ】水を切る形状でシャクリ感は軽く、クイックな水中ダートが特徴。「潮が速スギる~」なんて時にも使用感よし。クイックな水中ダートを活かしたハイピッチからのロングジャークなどがグッド

瞬間的なハイピッチロールのジグザグフォール

特徴的な形状として、ジグの背中、片側だけが出っ張ています。この形状が生み出すのが、ハイピッチロールのジグザグに落ちていくアクション。瞬間的にアクションし、食わせの間を与えてくれます。

ウェイトは100g、120g、150g、180g、200g、250g。

ちなみに、オフショアジギングロッドもテスト中とのことで、こちらも楽しみですね☆