ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

世界基準のオフショアジギングロッド「グラップラー」がシマノから登場

2019年1月、シマノから世界基準のオフショアジギングロッド「グラップラー」が登場。

一般的なジギング(タイプJ)、スロージギング系(タイプスローJ)、ライトジギング系(タイプLJ)、キャスティング(タイプC)に分かれた専用設計となり、合計34機種ものフルボリュームでお届け。

また、クラス初となるスパイラルX、ハイパワーX搭載で軽く、それでいてブレがなく強度もバツグンなロッドに仕上がっている。

ちなみにタイプCを除くモデルには、パワー表記がなされている。例えばタイプJのS60-3ならS=スピニング、60=6フィート、で「3」がパワー。

グラップラータイプJ(全12機種)
オーソドックスなタイプJはスピニングの8とベイトの6~8パワーモデルにダブルフットのオーシャンガイドを採用。またスピニング&ベイトの6~8パワーモデルにはロングフロントグリップ採用。6、7パワーモデルにはラバー製ギンバル、8パワーモデルには金属製ギンバルが標準装備。

出典:シマノ

出典:シマノ

 

出典:シマノ ロッドエンドを腹に当てるファイトを想定し、フロントグリップを長く設計。また先細のテーパー仕様によってグリップ力を高め、安定したファイトをサポートすると同時に疲労を軽減。スピニングシリーズとベイトのB56-6、B56-7、B53-8に採用。

 

出典:シマノ 大きな負荷が掛かるS53-8、B56-6、B56-7、B53-8には強度に優れるダブルフット&オーシャンガイドを採用。ディープレンジ、ヘビージグ、大型魚とのファイトなど過酷な使用にも対応

出典:シマノ

出典:シマノ

 

グラップラータイプLJ(全8機種)
ライトジギングモデルは全8機種。中に近年人気のスーパーライトジギングを意識した、0パワーモデル「S-66-0」も。

出典:シマノ

出典:シマノ

出典:シマノ

出典:シマノ

グラップラータイプスローJ(全5機種)
スロー系ジギングモデル。全5機種のレングスは6フィート8インチに統一され、その中で1~5のパワーレベルが設定されている。リールシートはFujiのT-DPS20で、手の平に乗せやすい設計。重たいジグでのジャークも楽にできるよう設計されている。グリップジョイントの2ピース。

出典:シマノ

出典:シマノ 面積が広く、ホールド性とグリップ性に優れた太径シート

出典:シマノ

グラップラータイプC(全9機種)
キャスティングゲームということで、9機種すべてがスピニングモデル。LとLMはにはステンレスフレームKガイド、Mパワー以上にはダブルフット&オーシャンガイドを適所に採用。MとMHには同一パワーの中で2アイテム展開。

出典:シマノ

出典:シマノ 大きな負荷が掛かるMパワー以上には強度に優れるダブルフット&オーシャンガイドを採用。ディープレンジ、ヘビージグ、大型魚とのファイトなど過酷な使用にも対応

出典:シマノ ロッドエンドを腹に当てるファイトを想定し、フロントグリップを長く設計。また先細のテーパー仕様によってグリップ力を高め、安定したファイトをサポートすると同時に疲労を軽減

出典:シマノ リールを固定するスクリューには緩み止めのロックナットを追加装備し、リールの固定力が向上

出典:シマノ