ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライジングミノー43がSHORESからリニューアルデビュー!さらに新サイズ「SHORESライジングミノー53」がタックルハウスから登場

ライジングミノー43がSHORESからリニューアルデビュー!さらに新サイズ「SHORESライジングミノー53」が登場

2012年、「上向きリップ」採用のライトソルト向けプラグとして、登場したのが「ライジングミノー43」。

発売からソート―年月が経っていますが、特にメバル用プラグとしてロングラン人気を誇るルアーなっています。

そんな「ライジングミノー」ですが、2018年12月にカラーチャートが見直され、パッケージも新型に変わり、ショアーズシリーズから「SHORESライジングミノー43」としてリニューアルデビューを果たしました!

さらにさらに!何とライジングミノーの新サイズ「SHORES ライジングミノー53」も同時に新しく登場!!

 

どんなアクションなのか?は、水中アクション動画が公開されているので要チェック!

出典:YouTubeチャンネル「TACKLEHOUSE」

 

ライジングミノーの使い方をイラストで紹介

 

 

SHORES ライジングミノー43【タックルハウス】

2018年12月登場

タックルハウス公式SHORESライジングミノー53詳細ページはこちら

 

以下が新しくなったカラーバリエ! 超豊富です

 

 

 

ショアーズ ライジングミノー53【タックルハウス】

2018年12月登場

タックルハウス公式SHORESライジングミノー53詳細ページはこちら

 

ライジングミノーの新サイズ「ショアーズ ライジングミノー53」ですが、メインターゲットはメバル!

デッドスローリトリーブでの動きいこだわったウェイトバランスに設定してあります 。

で、タダ巻きするとウネるような艶めかしいアクションを披露! あとロッドワークを入れるとベイトが水面へ逃げ惑うような上昇アクションも みせてくれる。

あと水平フォールと上昇アクションを組み合わせることで、 タダ巻き以外のアプローチも多彩です。

 

 

いやぁー、上向きリップの草分け的存在のライジングミノーのバリエが豊富になるのはうれしいですね!

最後にライジングミノーシリーズを系譜をご紹介

超ロングラン人気を誇る「ローリングベイトの性能をもっとシャロ―で!」というコンセプトで開発され2009年頃に登場したのが、ライジングミノー87。その後、セカンドモデルとしてスローチューンモデルも登場しました。とにもシーバスがメインターゲットで、ドシャロ―やバチパターンなどで、もちろん現在も活躍中。

タックルハウス公式ライジングミノー87シリーズ詳細はこちら

 

そして2012年に登場したライジングミノーのダウンサイジングモデルが「ライジングミノーRM43」。こちらは水面直下のメバル攻略用!従来のRM87から受け継いだ「上昇アクション」はそのままに、スローリトリーブにも対応。水面直下をじっくりと攻められるのが特長。

そして2019年12月にはそのライジングミノー43がカラーラインナップを新たにSHORESシリーズから「ライジグミノーSRM43」としてリニューアルデビュー。また同時に少しサイズアップモデル、53mmのライジングミノー「ライジングミノーSRM 53」が登場!

 

1 / 2
次へ