ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

常夜灯周りでのジグ単アジング解説【おすすめジグヘッドとワーム、基本アクション】寄稿by大屋晃洋

ベイトの少ない冬はアジが常夜灯周りを回遊しやすくジグ単での短距離戦で狙いやすい時期!

ジグ単の釣りで結果がでているセッティングや、ワームなどをご紹介

こんにちは!大屋晃洋です。

大屋 晃洋 Oya Koyo プロフィール

1989年12月9日生まれ。福岡県出身・在住。北九州を中心にライトゲームをはじめ、雷魚、ナマズ、渓流などの内水面の釣りも何でもこなす超マルチアングラー。釣るだけでなく、写真、磯歩き、川登、風景など、釣りに関するすべてを楽しむ超自然派男子。中でも離島巡りは大好物。趣味はカメラやルアー作り(バス用プラグや渓流用の小型ミノーなど)

冬を迎えて、気温も水温も下向傾向。釣行が億劫になる時期ですが、冬のアジングは激アツです!

ハイシーズンの秋に比べると水温の低下によって、少し釣りづらくはなるものの、冬に釣れるアジは大型が多く、しかも脂も乗っていて美味。

またベイトの少ない冬はアジが常夜灯周りを回遊しやすく近場の防波堤でお手軽に成立しやすいのが特徴です。

常夜灯周りは飛距離を必要としない短距離戦なので、リグは特殊なシチュエーションではない限り最もシンプルなジグ単で狙うが吉です!

今回は、私が現在、そんなジグ単の釣りで結果がでているセッティングや、ワームなどをご紹介させていただきます!

 

愛用ジグヘッド「A.W.ロックヘッド(アクアウェーブ)」について!

まずジグヘッドのウエイトは、1gを基準に0.6g、1.5g、2g前後を使用しています。

私の愛用ジグヘッドは「A.W.ロックヘッド(アクアウェーブ)」。

アクアウェーブ公式A.W. LOCK HEAD詳細ページはこちら

 

A.W.ロックヘッドのお気に入りの理由は細かいんだけど、便利な特長がかなり詰まっているからなんです!

具体的にいうと豊富なウエイトラインナップ、フックサイズラインナップがあること!

それから冬季や夜間に結びやすい大型ラインアイであること。

あとワームズレがかなり防げて、しまもワームが裂けにくいワームキーパーがあること。

 

ヘッド側面にウエイト表記がしっかり刻印してあること。

上記したように、使いやすい特長が色々あるんですちょっとしたストレスが集中力を欠いてしまう冬の釣りに、ホントおすすめなジグヘッドです。

あと釣行頻度の多い方にオススメな10本入りのお得なプロパックもあります!

アクアウェーブ公式A.W. LOCK HEAD詳細ページはこちら

A.W. LOCK HEAD : ¥400(税抜) [4本入り]
A.W. LOCK HEAD・プロパック : ¥800(税抜) [10本入り]

 

 

 

ジグ単攻めで超多用しているワーム「スーパージャコ(アクアウェーブ)」について

続いて私がジグ単攻めで超多用しているワーム「スーパージャコ(アクアウェーブ)」をご紹介!

ジグ単攻めでの愛用ワームはスーパージャコ! このワームはシンプルな王道のストレートワームなんですが、マテリアルに強烈なエビフレーバーが配合されているんです。

あと材質は素材の柔らかさを活かしたPVC製で、艶めかしいアクションと強烈な匂いが特長のワームになっています。

 

あとストレートワームって真っすぐ刺すのに苦労するケースが多いと思うんですけど、スーパージャコはあらかじめ、フック用下穴を設けてあるので、誰でも真っすぐに刺しやすく、手がかじかむ冬でも簡単にセッティング可能になっています!

 

 

スーパージャコのサイズは2.4インチと1.6インチの2種類。カラーは、多すぎない8種類でカラーローテーションに迷いの生まれない厳選カラー。エリアやアジのサイズを選ばないラインナップとなっているのもお気に入りの理由の1つになっています。

出典:アクアウェーブ公式スーパージャコ詳細ページ

Super Jaco 2.4in : 2.4inch / ¥350(税抜)[7本入り]
Super Jaco 1.6in : 1.6inch / ¥350(税抜)[8本入り]

 

 

 

スーパージャコを使ったジグ単攻めのアクションはレンジを刻みながら小刻みなリフト&フォールでOK

さて、そんなA.W.ロックヘッドスーパージャコのコンビでのジグ単攻めですが、アクションは特に難しく考えず、レンジを刻みながら小刻みなリフト&フォールでOKです。

スーパージャコの超柔らかな材質は、小刻みなリフト時には僅かな水流でも艶めかしいアクション!

そしてフォール中は強烈なエビフレーバーも相まってまさに無防備なエサという感じでバイトを誘ってくれます。

ちなみにジグヘッドの重さ選びですが、操作性を損ねない範囲で、なるべく軽量のものを使うのがキモかもしれません。

とにかくアジの居るレンジにワームを留めるイメージでアプローチすればバッチリだと思います。。

 

1 / 2
次へ