ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【プールが釣堀に!】大阪・服部緑地に管理釣り場がオープン! 手ぶらでも釣りが楽しめる都市型釣りスポットに大注目

アングラーにとって、身近な場所に釣り場があるほど幸せなことはないですよね。

そんな身近な場所に新しく釣り場がオープンしたと言う嬉しいニュースです。

2018年11月20日、大阪府豊中市の服部緑地にトラウトの管理釣り場が期間限定でオープンしました。

それが「服部緑地ウォーターランドフィッシングパーク」です。

この管理釣り場、なんとプール(服部緑地ウォーターランド)を利用した施設で、冬季に閉館してるプールの一部を釣り場として、2018年11月20日から2019年3月末頃までの営業を予定しているとのこと。
※2018年12月29日(土)〜2019年1月3日(木)は休業

特徴は、アクセスもよく、環境もよく、足場もよく、トイレ等の施設も充実しているため、お子様から大人まで、かなり気軽に楽しめること。レンタル道具も充実しているので、何なら手ぶらで行っても楽しめます。
もちろん、釣った魚を持ち帰ることも可能です。(制限アリ)

可能な釣りは、ルアー釣り、フライ・テンカラ釣り、エサ釣り(エサは売店で必ず購入)

釣れる魚の種類は、レインボートラウト、アマゴ、イワナ、ブラウントラウト

細かい規則等はホームページでご確認を!

と言う訳でオープン日に内覧が可能だったので、少し様子を見て来ました。

こちらがフィッシングパークの入口前

料金、営業時間等が利用案内に明記されていました

こちらがチケット売場

チケット売場の横に入口と受付がありました

受付には、レンタル道具の申し込みコーナーや、売店なども併設されています

流水プールは、エサ釣り、フライ・テンカラ釣り、ルアー釣りが楽しめるのですが、それぞれ遊べるゾーンが決まっていました

なぎさプールは、ルアー専用のゾーン

さっそく釣りを楽しんでいるアングラーもいらっしゃいましたよ

魚影もかなり濃く、反応も上々でした

なぎさプール(ルアー専用ゾーン)の地形はこうなっているそうです

オープニングイベントにはエギング界の帝王・重見典宏さんも参加。この「フィッシングパーク」がかなりお気に入りの様子で、今後もちょくちょく遊びに来るとのことでした

ちなみ、この「服部緑地ウォーターランド フィッシングパーク」は、釣り糸メーカーでもある「ゴーセン(GOSEN)」が、釣りのますますの振興を目指して運営しているとのことです。

服部緑地ウォーターランド フィッシングパーク