ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サワラ(サゴシ)のオフショア・ボートからの狙い方!シーズン終盤のブラインドパターンを紹介【寄稿by磯村満】

こんにちは!名古屋港周辺をホームにほぼ毎日湾岸パトロールをしている磯村 満です。

磯村満 Mitsuru Isomura プロフィール

名古屋港周辺をホームに雨ニモマケズ風ニモマケズ…悪天候を物ともせず、ライトSWターゲットをメインに旬なターゲットを求めフィールドに通い続ける。最近ではライトタックルを用いたスタイルにハマり中。1971年8月生まれ。愛知県出身・在住

 

この秋は伊勢湾のオフショア・サワラ(サゴシ)ゲームをかなり満喫できています。

その秋序盤のサワラのキャスティングゲームは以前に記事でご紹介させていただきました!

サワラ(サゴシ)のオフショア・ボートからの狙い方【おすすめルアーや使い方は?】

出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

 

この記事ではシーズン序盤のサワラキャスティングゲームの攻略法としてピンテールサゴシチューンGコントロールの使い分けを紹介させていただきました。

 

伊勢湾でのオフショアサワラゲームでは最強メッソドと言っても過言では無いくらいにハマるルアーですが、シーズン終盤になってくると、序盤から成立していたパターンもハマらなくなってくる事もあります。

シーズンインからめちゃくちゃ釣れたのに…

シーズン半ばでも良く反応していたのに…

 

では、ナゼハマらなくなってくるのか? なんですが…。

答えは簡単です!

シーズン後半は、シーズン序盤に大活躍したピンテールサゴシチューンGコントロールより捕食しているベイトサイズが大きくなってしまっているから!

 

秋序盤から中盤はベイトサイズが9cmぐらいで水深は15-20mだけど…秋終盤になるとベイトは10cm以上でレンジも7~10mぐらいになる

そうなんです! 終盤になると両ルアーはマッチ・ザ・ベイトではなくなっているんです。

ピンテールサゴシチューンGコントロールはシーズン序盤から中盤にかけてのベイトサイズが9センチくらいまでのカタクチイワシやウルメイワシになります。そのタイミングでは正にマッチ・ザ・ベイト。

15メートルから20メートルくらいの水深なので、ベイトサイズが小さいと必然的に表層付近での反応が多くなります。

 

ところがシーズン終盤になってくると捕、食しているベイトが10センチ以上のマイワシが混り、ヒットレンジも7メートル~10メートルくらいの中層付近になり、このレンジを探れるかがかなり重要になってくるんです。

魚探で確認していると表層から中層にベイトが散らばっていてもバイトが出ませんが、この中層付近にベイトが集まったタイミングにサワラが一気に捕食モードになる感じです。

 

シーズン後半のオフショアサワラゲームでオススメしたいのが「鉄PAN LONG」

そんなシーズン後半のオフショアサワラゲームでオススメしたいのは「鉄PAN Vib(テッパンバイブ)」のサイズアップモデル「鉄PAN LONG(テッパンロング)」です。

ジャクソン公式   鉄PAN LONG詳細ページ→こちら

Size Weight Type Price
115mm 35g sinking ¥1100
110mm 28g sinking ¥1000

このルアーはサイズアップしてきたベイトをイミテートするには、ドンピシャのマッチ・ザ・ベイトルアー。

特に鉄板バイブレーションはミノー以上にフラッシングが強いので、アピール力は抜群です。

 

 

魚探に映っていなくても突然現れるのが秋終盤のパターンで、それらは「晩秋のブラインドパターン」を呼ばれています

ちなみにサワラの動きは非常に早く魚探に映っていなくても突然現れるのが秋終盤のパターンで、それらは「晩秋のブラインドパターン」を呼ばれています。

そういったパターンでは、中層付近でも遠くからでも確認させれるようなアピール力が必要になって来ます。

ヘビーウェイトミノーもアリですが、それだとリトリーブスピードをスローにしないと浮き上がってきてしまいます。一方、ヘビーウェイトの鉄板バイブレーションであれば中層からボトムまで楽にカバーできます。

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

また、鉄PAN LONG(テッパンロング)は他のロングサイズの鉄板バイブレーションに比べ体高があるのでより魚に近いシルエットになります。サイズバリエは110mm・28gと115mm・35gの2種類ありますが、特筆すべきところはロングサイズなのに引き抵抗が小さいという点。これってうれしい特長なんです!

重たいルアーや引き抵抗が大きいルアーを使用した事があるアングラーなら必ず経験あると思いますが、その種のルアーを投げ続けたら疲労感がハンパないので、このルアーならパワーゲームの釣行でも扱い易いと思います。

 

中層付近に重点を置いて説明をさせていただきましたが、風向き・風量のタイミングでベイトが浮き上がり突然スーパーボイルが発生する事もあります。そんな時でもアピール力は抜群の鉄PAN LONG(テッパンロング)は大活躍ですが、怖いのは鋭い歯でリーダーを切られる事。

 

ボイルが発生している時は捕食の仕方も無造作にベイトに突っ込んでいるようなので、リーダーはワイヤーリーダーの使用をオオススメします。

リーダーをワイヤーにすると反応が落ちると言われますが、スーパーボイルが起きている時はサワラも狂った様に捕食しているので問題無く釣れると思います。ぜひ狙ってみてくださいね!