ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

印旛沼水系オカッパリバス釣り!オススメ爆釣パターンを紹介【寄稿by糟谷文重】

こんにちは、糟谷文重です。

最低気温も徐々に下がり秋本番!晩秋に入ってきましたね。今回は関東メジャーフィールドの1つである印旛沼(いんばぬま)のこの時期の「マル秘 爆釣パターン」を紹介したいと思います。

 

印旛沼での晩秋の爆釣を楽しむためのキーワードはズバリ「ヒシモ」

さて、印旛沼での晩秋の爆釣を楽しむためのキーワードですが、ズバリ「ヒシモ」です。

夏に沼全域にビッシリとあったヒシモも、水温低下と共に徐々に枯れ始め、秋が深まってくるとヒシモ群にも隙間ができ、ガチンコタックルではなくても狙いやすくなります。

 

オカッパリがしやすいヒシモエリアは印旛沼西部と北部を繋げる「捷水路(しょうすいろ)

そんな中、オカッパリがしやすいヒシモエリアと言えば印旛沼西部と北部を繋げる「捷水路(しょうすいろ)」になります!!

このエリアはハイシーズン中は両岸にビッシリとヒシモがあり、ベイト&バスのストック量の多いエリア。

そんなヒシモが気温低下と共に枯れ、今までヒシモのシェードに付いていたバスはヒシモの根や岸の葦、護岸、ブレイクに付いたりします!

 

さらに捷水路全域何処でもバスは居るのですが、風向きにより水質が変わるのでランガンスタイルで狙うのがオススメです!

 

ヒシモエリアでのオススメの攻めは「鬼ヤゴォォォォン」のノーシンカー

で、そんな美味しいポイントをどう攻略するか⁉ というと、私のオススメは「鬼ヤゴォォォォン」を使った釣法なんです!!

ジャクソン公式は鬼ヤゴォォォォン2インチ詳細ページはこちら

ちなみに私的には鬼ヤゴォォォォンはいわゆるイモラバ!

このイモラバは使いどころは満載で使い方によっては様々な生物に化けます!

例えば水中昆虫をイメージしてスローフォールからのボトムズル引き。名前からも分かるヤゴの動きにそっくり!!

 

さらにアクションを変えるだけで別の生物にも化けます。

ぴょんぴょんと跳ね上げるアクションでは甲殻類がエスケープする動きに!!

この鬼ヤゴォォォォンをヒシモの間にそっとアプローチすると思わずバスもバイトしてきます!

 

基本的に鬼ヤゴォォォォンはノーシンカーで使うことがが多いです。

●●鬼ヤゴォォォォンオススメタックル●●

ロッド:ブラストビーツBBS-64L、ライン:フロロ6ポンド

 

ノーシンカーでも比重がありキャストしやすく狙ったエリアにスパスパキャストが決まります。

キャストがスピーディーに出来るということは短時間に幅広いエリアをサーチすることが出来るということ!

想像して下さい!

葦岸、護岸、枯れヒシモの隙間にもストレスなくアプローチでき甲殻類が落ちて来たようにフォール…テンションをかければラバーが微波動に揺れる。。。

そりゃ釣れるわっ!!って思うでしょ! 実際、けっこうバイトが多いです!

さぁ秋の印旛沼!ぜひ楽しんで下さいね!

 

※印旛沼では遊漁券が必要なのでレンタルボート店のふな一、アサヒナボート、鈴木商店で購入して下さい

またヘラブナ釣りの方も多いのでトラブルなく釣りをして下さいね。