ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【お手持ちのジグ単が即フロートにチェンジ】シャローフリーク・プチ

シャローフリーク・プチを使ってアジをゲットする藤原真一郎さん

シャローフリークといえばアルカジックジャパンのフロート。

このシャローフリークを使ったFシステムは遠投性に優れ、トラブルも少なくリグりやすいことで、多くのSWライトゲームファンの心をつかみました。そのシャローフリークシリーズに新たに加わるのがシャローフリーク・プチです。

出典:アルカジックジャパン

 

ジグ単⇔フロートリグのチェンジが超簡単

プチは本体からシャフトが出ていて、その先には自動ハリス止めがあります。ここにリーダー&ジグヘッドを付けるだけで、あら簡単、フロートリグに早変わり!となるわけです。

つまり、ジグ単からフロートへのチェンジが超簡単。プチは本体重量3.3gで、ジグ単ロッドでも十分扱うことができます。

これはなかなかメリットがあります。

飛距離が出るのでフロートの先は軽量ジグヘッド(アンダー1gなど)でもよい点が挙げられます。ジグヘッドを重くして遠くまで飛ばすという選択をしなくてよくなりますね。

メリットは飛距離以外にも。例えば、アジングで大きめのジグヘッドではアジが口を使ってくれない、さらにはそんなアジが少し遠くにいる、といったシチュエーションに効果バツグン!

また、「軽いジグヘッドを遠くに投げる」という点がエントリーアングラーには最初の壁になりがちなだけに、入門にももってこいな優しいアイテムといえますよね。

写真のプチは製品化前の最終サンプル

セッティング方法も超簡単、シャフトのウキ止めゴムをズラして、ハリス止めにリーダーを通し、あとはズラしたウキ止めゴムを上げて固定するだけ!

ジグヘッドとフロートの距離は40cmほどを基本に、適宜調整する。

プチの残浮力は0.3gで、0.3g以下のジグヘッドなら当然プチは浮いた状態、プチの浮力を超えるジグヘッドなら沈んでいく。沈む速度はジグヘッド単体の時よりもスローになるわけで、レンジキープが容易になるのも特長ですね。

また本体上部にルミカのケミホタル20が装着可能なホールが設けられています。

出典:アルカジックジャパン

ジグ単で釣りをしながら「ちょっとフロートも」なんて時に、いつもジグ単で攻めているあの場所をフロートで攻めたいなんて時に、ぴったりなアイテムになりそうですね。