ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

11月の霞ケ浦水系のオカッパリで確実に1本のバスを釣るための秘策とは?【寄稿by横川隼大】

こんにちは!横川隼大です。
今回は私自身が実践している「11月の霞ケ浦水系(茨城県)で確実に1本釣るための秘策」をご紹介させていただきます!

ちょっとでも、みなさんの釣りの参考になればウレシイです!

横川隼大HAYATA YOKOKAWA   JBスーパーバスクラシックを史上最年少で優勝(2009年)。趣味: ルアーいじり。1989年生まれ、埼玉出身、静岡在住

 

横川隼大のインスタFacebook

 

確実に1尾を取るために必要なのは、バスのやる気に合わせてエリアとルアーを選択してあげること

さて11月というのは、1日の中での気温差も大きく、バスのポジションも時間ごとに大きく変わったりします。

簡単に言うとバスのやる気のONとOFFがはっきりする時期なんです。

そんな中で、確実に1尾を取るために必要なのは、バスのやる気に合わせてエリアとルアーを選択してあげることなんです。その辺りを意識して釣りを行うとホントに高確率で1尾を手にすることができます

それでは「バスのやる気に合わせてエリアとルアーを選択する」という作業を具体的に説明していきますね!

 

「バスのやる気ONのタイミング」を知る!

まずバスのやる気がONになるタイミングについてなんですが、1年の中でかなり変わってきます。

で先に答えを言うと朝と夕です!具体的には…

季節ごとの朝方のチャンスタイムはこの時間帯!

1月~3月 AM8:00~AM10:00 (2H)

4月~6月 AM7:00~AM9:00 (2H)

7月~9月 AM5:00~AM8:00 (3H)

10月~12月 AM6:00~AM8:00 (2H)

 

季節ごとの夕方のチャンスタイムはこの時間帯!

1月~3月 PM15:00~PM16:00 (1H)

4月~6月 PM15:00~PM17:00 (2H)

7月~9月 PM18:00~PM19:00 (3H)

10月~12月 PM15:00~日没 (2H)

 

もちろんフィールドによって違いはあります! そして日照時間と水温の変化が影響します。
それ以外の要素も沢山あると思いますが、あくまでも上の表は目安として考えて下さい。

改めて表を見ると7月~9月はチャンスタイムが長いです(※あくまで横川的な考えですw)。

 

11月の霞ヶ浦水系のチャンスタイムについて

さて、先ほどの表を参考にすると11月のチャンスタイムはこちら↓
AM6:00~AM8:00 (2H)とPM15:00~日没 (2H)の合計 約4時間になります!

 

気温が下がり始める11月ですが、水温は意外と下がらないので人間的には少し厳しい早朝でも意外とバスは積極的に捕食しています。

そしてこの限られた時間に良いポイントで釣りをすることが重要です!!

 

11月の霞ケ浦水系で狙うべくポイント

で、続いて狙うべきポイントについてですが、どういったポイントかというと、ズバリ「ベイトフィッシュ」が回遊してくるポイントです!

この時期のバスは積極的にベイトフィッシュを追いかけ捕食しています。なので良いポイントで釣れるバスはプロモーションが良い魚が多いのも特長です。

 

で、ベイトフィッシュが回遊してくるポイントってどこよ?っと疑問に思う方が多いと思いますが、キーワードを当てはめると簡単にポイントが分かります。

 ハードボトム

多くのベイトフィッシュはハードボトムを好み回遊しています。ルアーを使ってボトムの硬さを確認してみてください!!

 

 流れがあるポイント!!

流れが当たるポイントなど、水が動いているポイントが望ましいです。

例えば同じ川でもカーブしているポイントがあれば、水の当たる側を選択してみてください。

風が当たっているポイント!!

ベイトフィッシュはバスに比べ回遊能力があまり高くないので、風に流されます。
なので、風が当たっているアシや護岸は良いポイントとなることが多いです。

 

水鳥、特にシラサギがいるトコロ!

水鳥はベイトフィッシュがいるところに良くいます。過去の経験でシラサギがいるポイントは実績が高いです。

ルアーセレクトについて

さて、上記したようなポイントを見つけたら、次にルアーですが、私的にこの時期に絶対的に実績が高いのがシャッド!!

というのもスピーディーに広範囲を探ることができ、さらにシルエットもベイトフィッシュに近いのでこの時期にベストなルアーだと感じています。

 

しかし根掛かりが多い霞ケ浦水系でシャッドを使うのは、ちょっと…。って方にオススメしたいのがフローシャッドです。

ジャクソン公式フローシャッド詳細ページはこちら

Size Weight Type Range Price
56mm 5g [ZERO] 1m ¥1650
56mm 5g [Ⅰ] 1.4m ¥1650
56mm 5g [Ⅱ] 2.1m ¥1650
60mm 6.8g [Ⅰ CRANKIN’ SPEC] 1.4m ¥1650

フローシャッドは、シャッドでは珍しいフローティングタイプなので、障害物回避能力がズバ抜けて高いです。

具体的にはルアーを巻いていて障害物にあたり根掛かりそうだな~と思ったらリールを巻くのを止めルアーが浮くのを待ちます。

そうすると針が障害物に引っ掛かる前にルアーが浮き、根掛かりを回避することが出来ます。

しかも!!この動きはバスにスイッチを入れるアクションにもなっています!

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

慣れてくると障害物を回避した瞬間のバイトを確実にフッキングできるようになります!!

フローシャッドタックル…ブラストビーツBBC-62ML-LST(ベイトフィネスロッド)、ライン:デッドオアアライブ7Lb

1 / 2
次へ