ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ハイプレバス釣り場克服のための禁断食わせテク2選【表層ネコリグ&ディープクランクカバー撃ち】寄稿by松本恵太

こんにちは!松本恵太です。

私のホームグラウンドなのは、関東のハイプレッシャーレイクとして知られているのが亀山ダム。休日となると人だらけになってしまう人気リザーバーです。

今回はそんなプレッシャーが掛かった状態でバスを釣るために、私が実践している攻め方をご紹介させていただきます。

 

松本恵太プロフィール

亀山ダムをホームグラウンドとする若手アングラー!
ハードルアーの釣りを得意として、あのハードルアートーナメントシリーズである「H-1グランプリ」の2017年総合3位入賞の実績を持つ

 

プレッシャーの掛かったバスに口を使わせるために必要なこととは?

ハイプレ状態を克服するためにまず1つ注目してほしいのが、表層レンジの攻めです。

表層系の攻めは色々利点があります。

まずサイトで直接、バスの反応を確認できるという点。

ただ表層系でありがちなのは「チェイスはあるけどバイトまでは…」という経験をされた方は多いと思います。

表層系の喰わせでは一般的にはソフトベイトのストレート系や虫系を使った虫パターンやチョウチン釣りが人気。

ただ釣れるルアーやメソッド等は瞬く間に広まり、すぐに誰でも簡単に釣れる…とは、いかなくなってしまいますよね!でも、表層系の攻めは工夫すれば、強い釣りなんです。

 

というわけで、私がこれまで秘密にしてきたサイトや表層で使えるテクニックを紹介させていただきます。それは…

 

表層ネコリグ攻めが◎! トーナメントクローラー3.5と4.5inchのネコリグを使って攻める!

トーナメントクローラー3.5&4.5インチのネコリグを使った食わせでイイ思いをしています!

どんな攻めなのか? というと、普通ネコリグというとボトムシェイクや中層スイミングが一般的ですがこれを表層で波紋を出しながら虫パターンの様に水面シェイクで使用していきます。

※シンカーウエイトはその時々で水面シェイクが可能な範囲のウエイトをチョイスします。

メガバス公式トーナメントクローラー詳細ページ

https://www.megabass.co.jp/site/products/tournament_crawler/

出典:YouTube Megabass Channel

 

 

表層でヘコヘコとシェイクで誘い、見切られる直前でフォールを入れる

これでバイトまで持ち込めればこれはこれでOKなのですが、今のご時世はそんなに甘くありません。

で、チェイスがあるけど寸前で見切られると言った場合には、表層で誘いつつ見切られる直前でフォールを入れてあげるんです。

そうすると、それまでの表層での横姿勢から縦姿勢に変わるという、その姿勢変化でバイトに発展することが多いんです。

 

カバーそばまで、シェイクで誘って、カバーギワでフォールさせるのも効く

また、見切られる直前以外にも表層でのチェイス中に立木等のストラクチャー脇でシェイクを止めてストラクチャーへ逃げ込む様なアクションを演出してやるのも、バイトへの発展率が高いアプローチです。

そんな感じでアングラー側からバイトのキッカケを仕掛けていけるという強みが表層で使うネコリグにはあります。

 

1 / 2
次へ