ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サゴシ(サワラ)のルアーでの狙い方!おすすめルアーやロッドは?

こんにちは!ジャクソンソルトテスターの柳楽祐樹(なぎらゆうき)です。

10月に入り、近畿、山陰の海でもサゴシの回遊が活発になってきました!

というわけで今回は今が旬のサゴシゲームの情報をお伝えします!

私が愛用しているルアー「ピンテールサゴシチューン」やサゴシ専用ロッド、さらには私のホーム!山陰の現在のサゴシ事情について、ご紹介します!

バスプロ、ジャクソン社員として商品開発に携わってきた経歴をもつ。現在は島根県を拠点にジャクソンソルトテスターを務め、旬の魚を追い求める。業界初サゴシジャンルの確立やジャクソンの新プロジェクト・ロックフィッシュゲームのプロデュースを手掛けている。

ブログ:「なぎらゆうきの今日は釣りにいけるかな!?https://ameblo.jp/nagira-jk/

 

■ピンテールサゴシチューンとは!?

言わずと知れたジャクソンのピンテールシリーズをベースに、サゴシの食性に合わせた業界初のサゴシ専用ヘビーウェイトミノーです。

なぜ、このルアーがサゴシ専用なのか?というと…。

 

サゴシをバイブレーションなどで狙ってみるとよく分かるのですが、規則正しい動きをするルアーを使ってタダ巻きをすると…足元までサゴシがチェイスしてくるけど、見切られてしまうというケースが多発するんです。そんな中、サゴシに効果的な規則正しいアクションをしつつも時折、不規則なアクションを出すルアーとして誕生したのがこの、ピンテールサゴシチューンなんです!

 

ジャクソン公式ピンテール・サゴシチューン詳細ページ→こちら

 

さてサゴシチューンですが、基本的に超高速タダ巻きで使用します。
タダ巻きをしていると、規則正しいウォブンロールアクションをしますが、微量な潮流の変化等により、オートマチックに平打ち(千鳥アクション)が発生します。
これによりチェイスしてきた魚に対しても自然と「食わせ間」を作ることができ、バイトを誘発させることができます。

ちなみに不規則アクションとえば、メタルジグでも簡単に出せますが、メタルジグだと動きが速すぎてミスバイトが多くラインブレイクが多発してしまうんです。

その点、ピンテールサゴシチューンだと、メタルジグの不規則性とは違い、ルアーの軌道そのものが変わるわけではないので、サゴシのミスバイトによるラインブレイクも激減します。

1 / 3
次へ