ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

油ケ淵現場ナマ情報by加木屋守【週刊ルアーニュース(10/5発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「油ケ淵」!

油ケ淵(あぶらがふち)ってどんなトコ?
油ケ淵は愛知県にある有名なバスフィールドの1つ。海とつながっており、潮の満ち引きの影響を受ける。自転車でランガンするのがオススメだ。

加木屋守(かぎや・まもる)。ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、最近では自身初のプロデュースルアー「ディズラ」話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ

アメブロ
https://ameblo.jp/hbma-mo

ツイッター
https://twitter.com/ma_mo_s

インスタグラム
https://www.instagram.com/mamorukagiya/

YouTubeチャンネル「マーモチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCrcHOHRzkCBcGyZmgy5X2pA

今週の油ケ淵ナマ情報

こんにちは! 朝夕が少し冷え込む日が多くなってきましたね。地元の油ケ淵はまだまだ河川域の調子はよく、稗田川や長田川の上流域では知り合いの方も連日釣果をだしています。

台風後はどんな攻め方がオススメ?

最近は少し透明度が高くなってきたため、ライトリグでの釣り方が有効となっていましたが、また台風もきているので、この台風が過ぎた後は巻きモノシリーズがハマると予想しています。ちょうどこの記事が掲載される頃にはよい濁りとなってると思います。

稗田川や長田川の状況は?

稗田川はテトラやリップラップなどのハードボトムが多いため、クランクベイトやスピナーベイト、長田川は土のうエリアも多いためチャターベイトやスイムジグの巻きモノが有効ですよ♪

長田川はこの時期、各水門周りの残りウイードなどにバスが付くことも多いので、水門周りなどはていねいに巻くことが重要です。長田川は水門の沖にテトラが沈んでいる水門も多いため、流れの変化が生まれる場所でもあるのでバスも付く要素が多いんですよね!

次のページでは爆発予想ルアーを紹介!

1 / 2
次へ