ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【チヌスト!!】國廣勇吾が解説!チニングにミドストが効果的な理由

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
チニング入門

みなさん、こんにちは!OKUMA・ZENITHプロスタッフの「ゆーご」こと國廣勇吾です。

今回は手軽に始めることができるけれど奥が深いチニングについてお話していきたいと思います。

奥が深い…という部分では、チヌ(クロダイやキビレ)にはフィールドや地域、またその時期によっても、その日その時でパターンが異なってきます。

そんな中で今回はチニングをミドストで楽しむ「チヌスト」をテーマにご紹介したいと思います。このチヌスト、僕自身は4年程前から実践し、大変可能性を感じているチニング必釣テクニックです!

國廣勇吾(Yugo Kunihiro) プロフィール

2003年生まれ、年間釣行日数300日以上の若手変態アングラー。 ライトゲームからオフショアビッグゲームまで幅広く楽しむマルチアングラー。

國廣勇吾が解説!チヌストとは

バスアングラーにはおなじみといえるミドストですが、チニングでミドスト!!?となるかもしれません(笑)。

ミドスト=ミッドストローリングを改めてごく簡単に説明すると、「ジグヘッド+ワーム」を組み合わせることが多く、ロッドシェイクでラインスラックを出してワームをふわふわとロールさせるようなテクニックです。もちろんジグヘッドウエイトやシェイクのスピードで、ひとえにミドストといっても幅はあるのですが…。

ミドストが効く理由

では、なぜチヌにミドストなのか? 僕がチニングにおいて大事な要素と位置付けているのが「チヌとの間合い」です。

サイトフィッシングでチヌを釣るのが好きな僕ですが、それゆえにチヌがエサ(と認識したルアー)に対し、どう距離を詰めていくか、あるいは何をすると嫌がって離れていくのかを数多く観察してきました。

チヌが嫌がり離れていくルアーの置き所(着水点など)、ルアーを通すトレースコース、さらにはラインの置き方、そもそもの自身の立ち位置などなど…。

そして、チヌはそうした様々な嫌がることを限りなくゼロに近づけた状態であれば、目の前のルアー(やエサも含め)に対し、必ずといっていいほど口を使う魚です。

△適切な〝プレッシャーを与えない〟アプローチができれば、思いのほかチヌは素直にルアーに反応すると國廣氏は話す

そうしたこれまでの経験から、つまりチヌにとっての「嫌」をゼロに近づけることができれば素直に口を使う魚と結論づけられます。そして、そのために「ミドスト」というアプローチは、実に理にかなっていると感じているのです。

ミドストはフワフワとロール主体のアクションで、そのアピールは極めてナチュラル。食わせ特化の攻め方でアピールは弱く、強烈に魚を引っ張ってくるような釣りではありません。

言い換えると、アピールが控え目であるからこそ魚に与えるプレッシャーもわずか。つまり、先ほど述べたチヌが嫌がる要素をゼロに近づけるという部分で最適解といえるのです。

△國廣氏が多様するリグのひとつがジグヘッドにレンジローラー(カルティバ)とワームにイージーシャイナー(ケイテック)

お互いを補完し合う「サイトフィッシング」と「ミドスト」

確かに、魚を寄せる力には欠けます。しかし、そもそもアングラー側がチヌの嫌がる強いアピールであったりトレースコースでルアーを通せば、せっかく居るチヌを釣るチャンスが潰えてしまいます。寄せて釣る、ではなく、見える魚を確実に食わせる。これがミドストの軸になります。

だから、僕が軸としているのはサイトでのミドスト。つまり、見えているチヌに対して極めてナチュラルなミドストで攻略します。

繰り返しになりますが、チヌは嫌がる要素を排除した状況下においては、素直にルアーに対して口を使います。

それゆえに、サイトフィッシングとミドストはお互いを補完し合うような関係で、対チヌ攻略に対して絶大な効果を発揮するのです。

強いアピールはしたくない。だからミドスト。それでは魚を寄せられない。だから見える魚を狙えばよい。そんな関係性が成り立つのです。

とはいえサイトだけにあらず…

とはいえミドストはサイトフィッシングだけなのか?というとそんなことはなく、これがまた奥深いところがあります。また、正直にいえばここではスペースが足りないくらい(笑)、実に様々なシチュエーションもあります。

アプローチ法も含めてですが、タックルも幅を持たせると状況にアジャストできる範囲がグッと広がります。

△タックルも状況別に使い分ける。写真はメインタックルとなるゼニスのロッド「シュレムクロスS752L」

スタンダードなタックルセッティングはもちろん、状況によってはフィネスセッティングも必要となります。ちなみにロッドに関しては、僕が使用しているのはスタンダードセッティングではゼニスのシュレムクロスS752L。フィネスセッティングではシュレムクロスS712UL。もちろんそれに応じてラインやリール、ワームサイズなども変わってきます。

シュレムクロスS752L

型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ラインmono(lb) 適合ラインPE(号) 適応ドラグ(kg) カーボン含有量 本体価格(税抜)
SCHC-S752L 2.26 2 117.5 98 1.4/10.8 ~10 3~10 0.3~0.8 MAX1.5 98%/2% 25,200

シュレムクロスS712UL

型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ラインmono(lb) 適合ラインPE(号) 適応ドラグ(kg) カーボン含有量 本体価格(税抜)
SCHC-S712UL 2.16 2 112.0 90 1.1/9.5 ~7 2~8 0.2~0.6 MAX1.2 98%/2% 25,200

ゼニス公式「シュレムクロス」詳細ページはこちら

次回は具体的なアプローチ法について

そのあたりのタックルセレクトなども含め、次回以降は具体的なアプローチでの注意点などを解説していきますので、お楽しみにお待ちください!

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは福岡県北九州市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。