ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

16ブレイドPEラインで組み立てに幅が出る【ANSWERキャスティングPE×16】

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

まるけーさんに聞いた

ラインメーカーGOSEN(ゴーセン)の2024年NEW!

大注目のPEライン「ANSWERキャスティングPE×16」。

なんといっても16ブレイドのPEライン。より細い繊維で高密度に組み上げられ、SG加工もありとにかく滑らか。当然強度もある。

さて、このお方。ゴーセンフィールドスタッフの「まるけー」さん。フィッシングショーOSAKAでお会いできました!

まるけーさんの記事はコチラも

【ツルッツルです】注目の16ブレイドPE「まるけー」さんの素直なインプレ

ANSWERキャスティングPE×16

まるけーさんに、ショートムービーながら簡単にその魅力を解説していただいた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

その後もイロイロとお話を伺ってみると、やはりサーフ、キャスティング、エギングなどなど、「遠くに投げる」こと自体が武器になる釣りジャンルには、ぜひ使ってみてほしいとのことでした。

「ありきたりな言葉になってしまいますが、あと一歩届けば…というシーンはホントにたくさんあって、このラインを使ってからそれを解消できる場面が多くなりました」と。

△ラインカラーはデイ・ナイト、多彩な釣魚を考慮しピンクを採用したそうだ

計測器を付けて計ったわけではないが、体感としては10%ほど伸びているんじゃないかと思うことが多いんだとか。「リアルに使って頂ければ分かるライン」とも。

また、端的に強い。例えば2号を例に取ってみる。

アイテム 号数(ポンド) 最大強力
ANSWERキャスティングPE×16 2 (41lb) 18.5kg
ANSWERジギングPE×8 2 (35lb) 15.9kg
ROOTS PE×8 2 (35lb) 15.9kg

ちなみに、ANSWERキャスティングPE×16の1.5号は、1.5号 (33lb)・最大強力15.1kg。

状況によっては、ワンランク下げて飛距離を伸ばしつつ単純な強度としては同等を得られる。

「単純な数字だけではないのですが、ANSWERキャスティングPE×16があることでゲームの組み立てに幅ができるのは間違いないですね」とまるけーさん。

ぜひ、この春体感してみては?

ゴーセン公式「アンサーキャスティングPE×16」詳細ページはこちら

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。