ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【シルバーウルフEX】もりぞー森浩平プロデュース!シルバーウルフ・チニングロッドにNEWフラッグシップモデルが爆誕

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

ダイワのチニングブランド「シルバーウルフ」。
そんなシルバーウルフのチニングロッドに、2024年はフラッグシップシリーズ「シルバーウルフEX」が登場しますよ!

シルバーウルフEX
75MLB ・ 76MLB-S【ダイワ】

2024年4月登場

シルバーウルフのチニングロッドに、2024年はフラッグシップシリーズ「シルバーウルフEX」が登場!
このシルバーウルフEXは、チニングのエキスパート! 「もりぞー」こと森 浩平さん監修のシリーズで、まずは2機種がリリースされます!

森 浩平(Kohei Mori) プロフィール

愛称は"もりぞー"。大阪湾の淀川をホームグラウンドに、ベイトタックルスタイルで年間2,000枚を超えるチヌ・キビレを水揚げするチニングエキスパート。 デイ、ナイト問わず、チニングをメインにシーバスや季節の釣りを楽しんでいる。

もりぞーさんが求めたのは、ボトムを鮮明に感じルアーを手で操るような鮮明な感度・ダイレクト感と高いレスポンス!
チニングの定番リグとなったフリーリグにおいては、まるで底を指でなぞっているかのように感じる高感度、プラグゲームではルアーに息吹を与えるロッドアクションを可能にするべく、ブランク素材にはSVFコンパイルXナノプラスを採用!
そしてそのポテンシャルを最大限引き出すためにX45Xを採用することでパワーと、しなやかさの両立を実現!
またガイドは『AGS』を多点配置することで、軽さと感度も操作性が突き詰められています。

まず登場するのはチニングのど真ん中レングス7ft5inch、76inch(ソリッドティップ)のMLパワーベイト!

アイテム 全長(m) 継数 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー(g) 適合ライン PE(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円)
シルバーウルフEX 75MLB 2.26 2 117 95 1.4/12.9 4-18 0.4-1.0 99 68,000
シルバーウルフEX  76MLB-S 2.29 2 118 96 1.2/12.9 4-18 0.4-1.0 99 68,000
シルバーウルフEX 75MLB

プラグをはじめ、ボトムリグまでリニアに扱える万能アイテム。
鋭敏なブランクスにチューブラーティップを搭載したことで、フリーリグはもちろん、プラグの操作性を大きく高めたハイレスポンスロッド。

シルバーウルフEX 76MLB-S

さらなるリニアなルアー操作性と、安心感のあるファイト性能を持たせたアイテム。
ボトムのわずかな変化も捉える高感度ソリッドティップを搭載し、さらに感性を研ぎ澄ませたフリーリグロッドの最高峰。ディープゲームやフィネスな釣りにも対応する。

 

実釣動画もぜひチェック

[チニング]威力炸裂!モリゾーの究極形チニングロッド 森浩平

 

 

【SW】シルバーウルフEX 解説(実釣編) 森浩平

 

改めてシルバーウルフEXの特長をピックアップ

SVFコンパイルXナノプラスを採用したハイレスポンスかつ粘り強い専用ブランク

SVFコンパイルXナノプラスを贅沢に巻き付けたハイレスポンスなブランクとなっていて、瞬時に底質やアタリの種類まで見極め、フッキングを可能にする高感度を実現。
さらにV-ジョイントαによるしなやかさを備えながらも、再外層をX45Xで覆うことでパワーロスを防ぎ、飛距離や操作性が向上。
キンキンの使用感とは相反する掛けてからの粘りは、細いPEやリーダーをカバーしながらのランディングを可能に!

多点AGSセッティング採用で高い感度と操作性を実現

AGSを多点配置することでブランク本来のパワーとダイレクト感をアングラーに伝達。
風によるラインの弛みを最小限に抑え、アクション時のレスポンスも向上させている。
軽量なAGSならではの先重り軽減の恩恵は、アングラーがチニングシーンに多用するロッドを立ててアクションを行う動作を極限までサポート。

 

取り回し最高なショートグリップ設計

フォールやアクション中のアタリに即座に対応するため、体の前で軽快に取り回しができる最適なリールシートの長さを突き詰めたショートグリップ設計。
リールシートは軽量・高感度のエアセンサーで、フィット性も高い。
長年愛用できるよう耐久性に優れるEVAを採用し、ブランクタッチしやすいフロントグリップレスデザイン。

エアセンサーシート

カーボンファイバーの入ったエアセンサーシートにより、軽量化・高強度・高感度を実現します。ロッドの用途に応じて専用設計がなされており、汎用リールシートでは体験できない操作性をもたらしてくれます。

以上、もりぞー森浩平監修のシルバーウルフロッドのNEWフラッグシップロッド「シルバーウルフEX」の情報をお届けしました!

なお、2024年4月にはシルバーウルフAIRに追加機種2本、シルバーウルフMXに追加機種1本が登場予定

シルバーウルフ AIR71MB-S、同72MLB-Sが2024年4月登場予定

シルバーウルフ MX 82MLが2024年4月登場予定