ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2018年JBトップ50シリーズ第4戦in桧原湖-2日間の予選を終え実質(総重量)トップは三原直之選手、重量2位はトップと1436g差の小林知寛選手


出典&アイキャッチ出典:JB NBCニュース

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」の2018年シリーズ第4戦in福島県・桧原湖の予選2日目が9月8日に行われた。

 

ちなみに決勝に進めるのは、予選2日間での成績上位30名。予選の順位は順位ポイントと重量ポイントの合計で順位が決定するルール。

 

さて、そんな中、予選2日目、および予選2日間の結果ですが…。

JBトップ50 第4戦 エバーグリーンCUP予選2日目単日上位5傑

No 氏名 重量 p
1 T5034
ウエノコウヘイ

上野晃平

3,930g 5 50
2 T5029
イノウエヤスノリ

井上泰徳

3,665g 5 49
3 T501
アオキダイスケ

青木大介

3,516g 5 48
4 T5012
サッサカズマ

佐々一真

3,292g 5 47
5 T509
コバヤシトモヒロ

小林知寛

3,288g 5 46

予選2日目単日の全結果は以下のJB/NBC公式サイトのリンクからチェック!

https://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10040&page=day2

 

 

JBトップ50 第4戦 エバーグリーンCUP予選2日間の総合順位7傑

1
ミハラナオユキ

三原直之

4,910 50 3,202 43 93 8,112 100 193
2
コバヤシトモヒロ

小林知寛

3,388 48 3,288 46 94 6,676 99 193
3
イノウエヤスノリ

井上泰徳

2,760 36 3,665 49 85 6,425 98 183
4
ニシカワサトシ

西川慧

3,348 47 3,032 39 86 6,380 97 183
5
アオキダイスケ

青木大介

2,678 34 3,516 48 82 6,194 95 177
6
アオキサトシ

青木哲

3,338 46 2,796 35 81 6,134 94 175
7
ウエノコウヘイ

上野晃平

2,418 25 3,930 50 75 6,348 96 171

予選2日間のトータル成績・全結果は以下のJB/NBC公式サイトのリンクからチェック!

https://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10040&page=dayy

 

出典&アイキャッチ出典:JB/NBC Official siteツイッター

 

原直之プロフィール

三原直之(みはら・なおゆき)。東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている(2015年ジャパンスーパーバスクラシック優勝)。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中

ブログ「三原直之の『エースを目指せ!』」
https://ameblo.jp/bass-thanks9/

ツイッター
https://twitter.com/naoyukimiha

インスタグラム
https://www.instagram.com/miharanaoyuki/

東条湖ビッグバイト
http://www.tojokobigbite.jp/

 

 

 

なお予選順位は順位ポイントと重量ポイントの合計で順位が決定するルールですが、最終順位は3日間の総ウエイトによって決定するので、予選2日間を終えての順位を、総重量順に並べたものも紹介!

2日間を終え総重量降順で並び替えた成績表-トップ7

1
ミハラナオユキ

三原直之

8,112g
2
コバヤシトモヒロ

小林知寛

6,676g 1,436g
3
イノウエヤスノリ

井上泰徳

6,425g 1,687g
4
ニシカワサトシ

西川慧

6,380g 1,732g
5
ウエノコウヘイ

上野晃平

6,348g 1,764g
6
アオキダイスケ

青木大介

6,194g 1,918g
7
アオキサトシ

青木哲

6,134g 1,978g

予選2日間のトータル重量順の全成績は以下のJB/NBC公式サイトのリンクからチェック!

https://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10040&page=dayy

 

 

 

2日間を終えて重量順トップに立ったのが初日1位、2日目8位、総重量8,112gの三原直之。

同2位は初日3位、2日5位、総重量6,676gの小林知寛で、トップとの差は1436g。

3位はトップとの差1687gで井上泰徳というオーダー。

 

なお年間暫定トップ3の予選2日間トータルの重量順順位は?

暫定年間1位の早野剛史は5860gで11位(トップと2,252g差)

暫定年間2位の江口俊介が43位フィニッシュ

暫定年間3位の藤田京弥が4尾5,218g(トップと2894g差)で22位

といった感じ

 

 

 

2日目のトップウエイトが3930gというウエイトの中で、トップと2位の差が1436gということで、かなり三原選手がアドバンテージを得て決勝を迎えるという展開。

 

さて明日の決勝だが、三原選手が逃げ切るのか? はたまた大逆転劇が起こるのか?注目したい!