ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【2024年 明邦化学工業の新製品】傾斜スライド式のロッドスタンド「ロッドスタンド BM Slide」に新サイズ登場!

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

明邦化学工業のオプションパーツシリーズ、傾斜スライド式のロッドスタンド「ロッドスタンド BM-240 Slide」に新サイズが登場します!

「ロッドスタンド BM Slide」は、直立姿勢の「スタンダードスタイル」と、スタンドがお辞儀するように倒れる「スライドスタイル」の2WAYで使用することができるロッドスタンド。

これまでは240サイズのみの展開でしたが、今回追加されるモデルはスタンド穴径45mmの「ロッドスタンド BM-290 Slide」!

既存の「ロッドスタンド BM-300 Light」をベースに開発しているとのことで、こちらと同様のサイズ感となります。

ロッドの差し込みや取り出しがスムーズに

「ロッドスタンド BM-240 Slide」との大きな違いとなるのが、穴径にプロテクロキャップが装着されたこと。

プロテクロキャップがあることでリールへの傷がつきにくいので、持ち運びや揺れる船内でも安心して使用することができます。

また、穴径が45mmになったことで、グリップが太いロッドを挿すことができるほか、ロッドの取り出しもスムーズに!

ちなみに今回「釣りフェスティバル2024in Yokohama」で展示されたモデルはプロトですが、カラーはクリアとクリアブラックの2色展開になるとのこと。

背面でも側面でも装着可能!フリースタイル設計は健在!

基本性能は「ロッドスタンド BM-240 Slide」と同様で、スタンド本体の両サイドには多目的ホルダーを搭載しており、他のオプションパーツなどを装着することが可能。

そのほか、背面でも側面でも装着できるフリースタイル設計は健在!

スライド式で本体を取り外せるので、状況にあわせて向きを変えることも簡単に行えます。

背面に装着

側面に装着

またスタンダードスタイルとスライドスタイルを切り替えるボタンなどは、既存のモデルと同様になります。

こちらのアイテムは発売時期など詳細は未定とのこと。

来月開催の「フィッシングショー大阪」でも明邦化学工業ブースにて展示予定となります。ぜひ来場された際は、チェックしてみてください。

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!