ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【速報!】2024年第一精工の新製品まとめ!

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

「高速リサイクラー2.0」はじめ数々の便利グッズを生み出してきた第一精工!

そんな第一精工より2024年の新製品が発表されました!

YouTubeチャンネルでも公開されています。

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

今回発表されたのは「カチカチテンショナー」と「ガッチリールシート」の2アイテム。

どちらも「高速リサイクラー2.0」と組み合わせることでよりラインの巻き替えが効率的に行えます。

“巻きたいテンションをかけて巻く“ を実現!「カチカチテンショナー」

画像はいずれもプロとモデルとなります

「カチカチテンショナー」は「高速リサイクラー2.0」と組み合わせて使用するラインテンショナー。

これまで、「高速リサイクラー2.0」のみでは2.5kgが最大でしたが、「カチカチテンショナー」ですが8kgまで調整することが可能。テンションも調節することができるので、お好みのテンションで巻くことができます。

「カチカチテンショナー」の使用方法

「カチカチテンショナー」の使い方はシンプル。

「高速リサイクラー2.0」から直接リールに巻き取っていたものを「カチカチテンショナー」と間にセットして調整。

7つのローラー全てに2つのボールベアリング内蔵で、合計14ボールベアリング搭載することで滑らかで一定のテンションを実現。

ラインとの接点にはウレタンゴムを採用し、ライン滑りを軽減すると共に、ドラグの摩擦熱をラインに伝えにくい構造になっているとのこと。

テンションローラーには、カーボン製ドラグワッシャー4枚仕様のブレーキ構造も採用しています。

また、4方向変更可能なクランプでテーブルなどに固定することもできるそうで、クランプ・フットを取り外せば木材などにビス止め可能です!

スペック

■サイズ:195×185×165mm
■重量:1226g
■クランプ最大取り付け幅:43mm
■対応PEライン:3号~
■実用テンション:約6kg 最大テンション:約8kg
■ボールベアリング数:14
■付属品:本体×1ヶ/クランプ×1ヶ/ボルト×1ヶ/ナット×1ヶ/ウレタンゴムリング(予備)×2ヶ

※現在プロト段階のため、多少スペックが変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ガッチリ―ルシート

続いては、「高速リサイクラー2.0」・「カチカチテンショナー」と組み合わせて使える「ガッチリ―ルシート」。

大物釣りの準備をガッチリ支える、高負荷の糸巻き時にリールを固定し負担を軽減する糸巻き用リールシートになります。

その名の通り、リールをがっちり固定できるアイテムで、より強いラインテンションをかけて巻きたいときに必須!

スピニング・ベイトのどちらにも対応しています。

テーブルなどへも2本脚クランプ採用でガッチリ固定することができ、ノンスリップ座金カバーも取り付けることでを傷付きを防止。

作業台などキズが付いても良い場合はカバーを外してスパイクで更にガッチリ固定することができます。

コンパクトな収納状態から、使用時は2本のネジでパイプを締め込むためガタつきもほぼなく、がっちりホールドすることができます。

リールシートはダブルナット仕様でリールが緩みにくく、しっかり固定することが可能。ジギングリールの120mmクラスロングハンドルでもテーブルなどに手が当たらないサイズ設計となっております。

また、早い脱着が可能な「クイックボルト機能」搭載しています。

スペック

■サイズ(収納時):340×110×105mm
■重量:1046g
■クランプ取付有効幅:15~83mm
■材質:[本体]ガラス繊維強化プラスチック/アルミニウム/ステンレス/真鍮/天然ゴム [ノンスリップ座金カバー]TPS
■付属品:本体×1ヶ/ノンスリップ座金カバー×2ヶ(装着済)

※現在プロト段階のため、多少スペックが変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

以上、第一精工の新製品をご紹介しました!

ラインテンションをキツクしたいオフショアキャスティングゲームなどには欠かせない「カチカチテンショナー」と「ガッチリ―ルシート」。

大阪フィッシングショーではこちらのアイテムも展示されるとのことなので、ぜひチェックしてみてください。

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。