ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

釣りに行けないお正月休みにオススメ!第一精工のYouTube動画

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

みなさん、お正月休みはいかがお過ごしですか?

釣りに行きたくても、実家への帰郷や親戚へのあいさつなどで、釣りに行きたくてもいけない…なんてうずうずしている方も多いのではないでしょうか?

釣りに行きたくてもいけない方にオススメな過ごし方が、第一精工のYouTube動画!

第一精工といえば、船釣り用の竿受け「ラーク」シリーズや、「ノットアシスト」・「高速リサイクラー2.0」など便利アイテムを数多く手掛けているメーカー。

こちらの動画では公式HPとはまた違った見せ方で各アイテムを実釣の中で紹介しており、製品の特長や使い方も把握できる動画となります。

また、旬の釣りの楽しさと若手スタッフ「森本 寛史」さんと「堀川 泰知」さんによる実釣動画なども見ドコロ多数となります!

堀川 泰知(Taichi Horikawa) プロフィール

ほりっぴ~という愛称で親しまれ、日頃は第一精工の営業部として活動中。面白いトークで笑いを取りに行くキャラクターを活かし、釣りメディアやYouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」などで広く活躍中。

森本 寛史(Hirofumi Morimoto) プロフィール

第一精工の営業部。「ラーク森本」という愛称で親しまれ、持ち前の面白くて明るいキャラクターで「四季の釣り」をはじめとした釣りメディアでも広く活躍中。最近ではYouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」での動画配信も積極的に行っている。

以下では特にオススメの動画について紹介していきます!

ライトタチウオテンヤとバチコンアジングで新商品試してみました

オススメの動画の一つが、先日公開されたライトタチウオテンヤとバチコンアジングの実釣動画。

新製品の「マルチステーション」を使用しながら、その特徴や性能、使い方などもこの動画を見ればOK!

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

「マルチステーション」はマルチスタンド・受太郎シリーズ専用カスタムトレイ。

フィッシュグリップやプライヤーなどのツールを多数装着可能で、トレイ内にはローテーションルアーを置けるので手返しアップ間違いなしのアイテム。

スタッフの森本さんも、あまりの便利さに「便利すぎて言うことない」と話すほど、めちゃくちゃ便利な機能が多数搭載されています。

また、タチウオテンヤ・バチコンアジング、どちらもビギナーの方でも楽しめる内容となっているので、これからオフショアの釣りにチャレンジしたい方は必見です。

マルチステーションのスペック

サイズ トレイ部内寸 重量 材質 付属品 価格
276mm×176mm×40mm 153mm×130mm×30mm 347g(トレイのみ) ガラス繊維強化プラスチック セットネジ2ヶ(太・細) ¥3,740(税込)
対応機種

マルチスタンド130/マルチスタンド160
受太郎ミニ/受太郎/受太郎130
スーパー受太郎ミニ/スーパー受太郎/スーパー受太郎130/スーパー受太郎240
受二郎ミニ/受二郎/受二郎130
スーパー受二郎ミニ/スーパー受二郎/スーパー受二郎130/スーパー受二郎240
両軸受太郎/両軸受太郎130
受太郎GB
スーパーパイプ受太郎/スーパーパイプ受太郎プラス

第一精工公式「マルチステーション」詳細ページはコチラ

問い合わせシリーズ

続いては、「問い合わせシリーズ」の動画。

こちらの動画は、視聴者からのメッセージにお応えする「問い合わせシリーズ」。記者イチオシのコーナーです。

企画担当や通販担当など、各部署の方が登場し、製品の疑問などに答えてくれます。

第一精工のなかでも多くの方に愛用されている「高速リサイクラー2.0」を使用した動画や、「ガーグリップ」のメンテナンスなど非常にためになる動画ばかり。

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

実釣動画も面白いのですが、メーカーの方から見たアイテムのリアルな声や使い方が聞ける貴重な動画でもあります。

ついつい見すぎてしまうほど楽しい内容ばかりですので、釣りに行けないときにもオススメなので、ぜひチェックしてみてください!

第一精工ではYouTubeチャンネル以外にも、各種SNSでも情報を更新しているのであわせてフォローしてみてください!

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。