ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

今江克隆のルアーニュースクラブR「思わず飛びついた!忖度ナシ!もうコレしか使えない!2023年の今江的”発掘良品”を紹介」の巻 第1175回

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

さて、いよいよ2023年もあと少し。

ということで今週は、2023年、今江的に実際に使ってきて「コレは発掘良品だったな」と思う釣具や小物たちを、コタツシーズンネタとして、数回に分けて紹介したいと思います。

一番ありがたかったモノ

まずは手前ミソ紹介からだが、今江的には2023年に最もありがたかったのは「ABU」のサポート終了・JB協賛終了とともにリール難民になりかけたところを救われた「グラビアスAURORA/KTF」の誕生だ。

やはりマイナーブランドだった「グラビアス」に沢村(幸弘)さんのKTF「KAHEN」スプールの協力があったことは、非常に絶大だった。

沢村さんがグラビアス専用「KAHEN」スプールを最速で製作してくれたおかげで、ABUベイトリールからの戦闘能力を落とすことなく、他社最高機種レベルに勝るとも劣らないレベルで使用できたことは非常に大きかった。

その極めて希少な「グラビアスAURORA/KTF」だが、2023年12月30日ごろ、さらにギア精度を向上させ、「KAHEN」セッティングも強度と精度を向上させたアップデートモデルがリリースされることが決まった。

ギアを切削加工するための最新型高精度マシンを導入し、巻き感の向上とKTFスプールへの適応性をさらに向上させたモデルで、マイナーリールメーカーであった「グラビアス」の急速な進化の速さに驚かされる。

今回リリースされるモデルは、初回のグロスボディではなく、今江的に最初の念願であったオーロラの輝きをさらに引き立てる「北欧の夜」をイメージさせる「マットブラック」フィニッシュでの登場になる。

12月31日に店頭デビューが確定した「グラビアスAURORA/KTF・MatteBlack」。「AURORA/KTF」仕様は、ナゼか中国でも大人気なので、爆買いされる前にご予約ください

ハンドルへのこだわり

そして、「グラビアス」の性能をさらに向上させるため、今年はハンドルに関しても様々なハンドルを換装し、今江的な適性を見極めていた。

個人的に「グラビアス」デフォルトのフラットノブハンドルが苦手で、当初はABUのEVAパワーカーボンハンドルを無理やり移植して使っていたが、特に右ハンドルに関しては再三カーボンハンドルをネジり折ってしまうことが多く、その点を改良し、巻き上げの強さを強化したのが、現在の「グラビアアスAURORA」特注のパワーハンドルである。

大昔の「ABUオーロラ」に付いていた「ZPIオーロラカーボンハンドル」を「グラビアアスAURORA/KTF」に無理やり装着。ベイトフィネスハンドルとしてはめちゃバエるし、お気に入り

ただ、このハンドルは巻きモノには非常に気に入っているのだが、ベイトフィネス等で1:8の左ハンドルを使う時は少々ゴツすぎるのも事実。

そこで、いろいろなパーツメーカーの左ハンドルを試していたのだが、今江的に最も戦闘能力が向上し、見た目も最高にカッコいいと思える「ゼロス」のハンドルに落ち着いた。

まず、デザインのカッコよさは文句ナシなのだが、何より金属製なのに軽く、剛性感、レベル感(水平装着感)が格段によく、巻き感度が明確に上がる感じがよい。

カチッとしたリジッドな感覚は、さすがにカーボンハンドルでは出せない超々ジュラルミン製?で、リールのギアパワーが強くなったような気すらする。

見た目のカッコよさもさることながら、「ゼロス」のハンドルと「グラビアス」の相性は最強だった。ハンドルは重要なリールパーツなのでコダワリたい部分でもある

ただ、元々「グラビアス」の宿敵、「アルカンセ」用のハンドルであり、めちゃくちゃ高いのでまだ左用に2つしか替えていないが、今後お小遣いの範囲で追加購入しようと思っている。

思わず飛びついた!

次に、最近、偶然見つけた超便利グッズというか「ウワッ、こんなんあったんや」と思わず飛びついてしまったのが、この写真の小物だ。

今まで苦労していたインラインスイムベイトが瞬時にできてしまう、便利 パーツ。これこそ、冬のコタツチューニングにピッタリの発掘良品だ

実はコレ、以前からメチャクチャほしかったモノで、自分は「ジャバギル・インライン」を分解してそのパーツだけでこっそり使っていたほどだ。

まさか売っているとは知らなくて感激したのだが、コレがあるだけでエラストマー製ワーム、「ジャバロンモンスター200」等のオフセット系ビッグワームの改造幅が、劇的に簡単かつ、効果的にできるスグレモノだ。

ハドルスイマー4.5インチ」に刺すだけで、現場でも速攻簡単に「レイジースイマー4.5インチ」が完成してしまうのだからたまりません。

ハドエラ(ハドルスイマーエラストマー)4インチ」にSサイズをカットして装着すれば、まさかの「スリムレイジースイマー4インチ」の出来上がり!コレは、ヤバすぎます。

「ジャバロンモンスター200」や「ジャバロン160」も、オープンウォーターや表層メインなら、コレ一つで瞬時に「ジャバロン・スイムベイト」が完璧に完成。

「ジャバロンモンスター200」や「ハドルスイマーエラストマー4.5インチ」をあっという間に現場でスイムベイト化できる便利パーツを発見。コレは使えます

強度も全く問題ない。

よりスイムベイト性能の高い「ジャバロンモンスター200」の3DRカラーには、最強のアシストグッズといえるかもしれない。

他の「浮く」ワームには、強力なチューニングパーツになるので、絶対に持っていて損のない超オススメのまさに発掘良品である。

「ハドルスイマーエラストマー」に「トレブリングスルーパイプ」を装着すると、まんま「レイジースイマー4.5インチ」のできあがり。サスペンドさせることも、浮かせることもできる、最強チューニングだ

防寒系の発掘良品も紹介!

1 / 2
次へ