ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【オカッパリからデカバスを獲るための竿】赤松健プロデュース「リコリス LRC-78H / LRC-78M」を詳しく解説【抽選期間は2023年12月22日(金)正午頃~2023年12月25日(月)9時まで】

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

抽選販売が始まったリコリス赤松健さん監修のロッド「リコリス」。

もう応募はお済ですか? 先着順ではないので焦らず確実に応募しましょう。なお期間は2023年12月22日(金)正午頃~2023年12月25日(月)9時まで!

ということで今回は、リコリスについて再度詳しく紹介していきます!

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

そもそもリコリスとは

オカッパリからデカバスを獲るための竿」それがリコリスのコンセプト。

こちらも赤松さん監修の数々のデカバスを仕留めてきた「AKチャター」。これを操るための操縦桿でもあるという訳。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

そんなリコリスに赤松さんが求めたのは、「張りのあるティップ」「しなやかなベリー」「強靭なバット」という3つの要素。

①張りのあるティップ

ティップは、チャターベイトを扱う上でバイトが集中する巻き始めやハングオフでの立ち上がりを良くするため張りのある設計に。

また障害物に当たった際には、スタックを瞬間的に外せる設計なんだとか。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

②しなやかなベリー

ティップに張りがあると聞くと、棒のような硬い竿を想像しがちですが、リコリスはベリーがしなやかにベンドし、バイトをより深くさせ、フッキングの助走を作ってくれます。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

③強靭なバット

しっかりと掛けるだけでなく、デカバスとの強烈なファイトをいなす強靭なバットを搭載しています。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

7ft8inというレングス設計

7ft8inというレングスは、ロングロッドでありながら長すぎず、軽快に扱える長さという絶妙な設定。

ロングロッドに仕上げることで、オカッパリで絶対的な武器となるロングキャストが可能に。さらにリトリーブコースの自由度が高まり、カバーやストラクチャーに対してよりタイトに攻めることができます。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

特殊形状リコリスグリップ

グリップは小指まで握り込みやすく、かつどこを握っても力を入れやすい特殊形状のリコリスグリップを搭載。これは赤松さんが多くのサンプルを使っていく中で、ベスト形状を模索し手削りで作った形状が採用されています。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

以上がリコリスの主な特長。それでは1機種ごとに詳しく見ていきます。

リコリスLRC-78H【一誠】

「リコリスLRC-78H」は、オリジナルのAKチャターを大遠投して設計されたモデル。ウエイトのあるチャターをキャストした際でも芯が残るパワーを有しており、赤松さん曰く懐が深い竿に仕上がっているとのこと。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

この懐の深さを生かして、沖でかけたデカバスとのファイトもいなしながら寄せることができ、そのまま抜き上げることができるほどパワフルな設計になっているそうです。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

スペック
製品名 全長 ルアー範囲 ライン範囲 アクション ガイド グリップ マテリアル ウエイト 継数 ティップ径 バット径 仕舞寸法 税込価格
リコリスLRC-78H 7ft8in 10~30g 12~22Lb レギュラー FujiチタンフレームSiC Kガイド EVA&PTSシート カーボン99%、グラス1% 160g 2 2mm 12mm 120.5cm 66,000円

一誠公式「リコリスLRC-78H」の詳細ページはコチラ

リコリス LRC-78M【一誠】

「リコリス LRC-78M」は、AKチャターコンパクトな「AKチャター Jr.」や「ライアチャター」等でテンポよく探っていくためのモデル。軽量なルアーの重みをしっかりと竿に乗せてキャストできるようにしなやかで、軽快に振り抜ける設計になっています。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

「リコリスLRC-78H」よりもしなやかなベリーを搭載することで、ライトラインのラインブレイクを防ぐことができ、バスが暴れても引きを吸収できるロッドに仕上がっているそうな。

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

スペック
製品名 全長 ルアー範囲 ライン範囲 アクション ガイド グリップ マテリアル ウエイト 継数 ティップ径 バット径 仕舞寸法 税込価格
リコリスLRC-78M 7ft8in 7~14g 8~16Lb レギュラー FujiチタンフレームSiC Kガイド EVA&PTSシート カーボン97%、グラス3% 144g 2 2mm 11mm 120.5cm 66,000円

一誠公式「リコリス LRC-78M」の詳細ページはコチラ

おそらく2023年度最後の抽選販売となるリコリス。入手がまだという方はぜひチェックしてみてください! 繰り返しになりますが、期間は2023年12月22日(金)正午頃~2023年12月25日(月)9時まで! 先着順ではないので、先着順ではないので焦らず確実に応募しましょう。

issei 一誠 (issei )

魚遊びの天才”村上晴彦をルアーデザイナーに据え、設立された滋賀県を拠点とするルアーメーカー。 その後、村上晴彦の弟子として赤松 健も開発スタッフに加わり、創意工夫満点のルアーを続々と発表中。