ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【タフシーズン攻略用】開発者 水野浩聡がかたる「TN38」がなぜ釣れるのか?

連載:水野浩聡のOne more fish
  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

こんにちは! 水野浩聡です。

さすがにクリスマス前のタイミングとなると、毎年必ず強烈な寒波ってやってきますよね。今年ももれなくその寒波がしっかり襲来…。今週は激冷えの毎日で、いよいよバスたちも冬モード一色となってきた感じです。

そんなタイミングで、ジャッカルからは僕が開発に携わらせてもらったTN38のサイレントモデルが発売になりました。

TN38サイレントが12月に登場!

TN38サイレント【ジャッカル】

Name Length Weight Type Hook Quantity Price(税込)
TN38(SILENT) 38mm 5.1g Sinking #12 1 ¥1,650

ジャッカル公式「TN38サイレント」の詳細ページはコチラ

厳寒期を攻略すべく生まれたTN38

こういった厳寒期に、じっと溜まるバスを釣ったり、待機したりするバスにリアクションを仕掛けていくために作ったのが「TN38」で、このサイレントモデルに関しては、そんな冬の狭い有効スポットで、場荒れを最小限に抑えてバスの目の前にルアーをソっと運んであげるような使い方のイメージ。

水中内は想像以上にプレッシャーがかかっている

ただでさえ、情報化社会の中で、冬に釣れるだろうスポットはすでに誰しもが簡単に手に入るわけですが、そんな場所で入れ替わりアングラーさんがキャストし続けたり、自らが同じ立ち位置でそのスポットで釣りをし続けると、どうしてもプレッシャーがかかりすぎてしまい、バスの目の前にルアーが到達すればリアクションがかかるかもしれない…のに、バスがそれを嫌がって、頭の向きを変えたり、コースから外れてしまうなどの動きをとると、一生バスの目の前にルアーが行かない…といったことが起きます。

それが、強く水を動かすタイプのルアーだったり、重くてボトムをドンドンと強く叩きすぎてしまうウェイトのルアーを使ってしまうと、人間の想像以上に場荒れが起きてしまうわけですね。

弱くて軽い、だから釣れる

そこで、弱くて軽い、そして、常に水を押すような連続シミーフォールアクションではなく、水を切りながらスライド気味に落ちていく中で、弱々しいシミーフォールをしてくれる「TN38」がやはり結果的にマストとなってきます。

よりプレッシャーを最小限に攻められるサイレントモデル

さらに、水中のプランクトンが死滅して、シーズン中よりも音の響きが伝わりやすい冬の水中で、よりプレッシャーを最小限に…という意図で作られたのが、このサイレントモデル!

作る前からこの釣りには絶対的な自信はあったんですが、やはり低水温になってバスが溜まり出してくるとその効果を改めて感じる瞬間が多くなっています。

加えて、ぼくが普段ホームフィールドとしている岐阜県の大江川や五三川、その周辺のため池などでは、コンクリート護岸で整備されているところが多く、そういう場所はナチュラルバンクよりも音が反響しやすかったりします。

そんな中で、満を辞していよいよ皆さんのお手元に届くことになったサイレントモデル。ぜひ、縦方向のリフト&フォールアクションで使用してみてくださいね!

タックルデータ

タックルは、基本的にはPEタックルがオススメで、根掛かりの心配がさほどないところは…。

・ロッド:ポイズンアドレナ(266L)【ジャッカル × シマノ】

・リール:コンプレックスXR(2500 F6HG)【シマノ】

・ライン:PEライン(0.6号)

・リーダー:フロロカーボンライン(8Lb)

根掛かりの心配がある場所では、ラインをワンランク太くし、根掛かりしてしまった時にゆっくり引っ張って上げると、フックがラインの強さに負けて伸びて返ってくることが多くなり、ルアーの回収率がかなり上がるようにしています。

その場合は、

・ロッド:ポイズンアドレナ(2610UL/M-2)【ジャッカル × シマノ】

・リール:コンプレックスXR(2500 F6HG)【シマノ】

・ライン:PEライン(0.8号)

・リーダー:フロロカーボンライン(12Lb)

を使用しています。

ギュッと冷え込む季節になってきますが、こういった当て込む系の釣りと、一瞬のフィーディングチャンスを生かすビッグベイト「マエコン180SF」やアラバマ系「ラスターブレード」の釣りの2パターンが個人的な冬の釣りの大本命となりそうです。

まだまだ年内もしっかり釣りに出る予定ですので、常に旬な生きた情報を発信できるように、最後の最後まで現場に出続けたいなと思っています!

また、僕のYouTubeチャンネル「水の旅」では、バイブレーション、ビッグベイト、パワーフィネスなどなど、冬の代表的なルアーたちのベストな出しどころを実釣解説していますので、ぜひコチラもご覧ください!

【冬の一本までの確率を上げる】冬のバス釣りシーズナルパターンで攻略するためのキモとは…。(保存版)【水の旅# 244】

出典:YouTubeチャンネル「水の旅」

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい