ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

名作レボ・ビッグシューターコンパクトが、最新のテクノロジーを搭載し新生「レボ・ビッグシューターコンパクト8/7」として登場予定!

18レボ・ビッグシューターコンパクトの主要な特長ですが…。基本的にここ数年でレボ系ほか、ABUの新作ベイトリールに搭載された最新の素材・テクノロジーがふんだんに搭載されています。

出典:ピュア・フィッシング公式レボ・ビッグシューターコンパクト詳細ページ

13年モデルと18年モデルを比較! ラインキャパは同じ、価格は若干だけUP

13と18モデルを比較した場合、一番気になると思うラインキャパは、まったく同じ! 次に気になる価格は18モデルの方がわずかに1,500円ほど高くなっています。

18レボ・ビッグシューターコンパクトのスペック表はこちら!

製品名 自重(g) ギア比 1回転巻取 最大ドラグ ラインキャパ/約0.33mm/約16lb ラインキャ/約0.37mm/約20lb ラインキャパ/約0.405mm/約25lb ベアリング 税別
REVO BIGSHOOTER COMPACT 8 250 8.0:1 83cm 10Kg 125m 100m 85m 7/1 ¥36,000
REVO BIGSHOOTER COMPACT 8-L 250 8.0:1 83cm 10Kg 125m 100m 85m 7/1 ¥36,000
REVO BIGSHOOTER COMPACT 7 250 7.3:1 76cm 10Kg 125m 100m 85m 7/1 ¥36,000
REVO BIGSHOOTER COMPACT 7-L 250 7.3:1 76cm 10Kg 125m 100m 85m 7/1 ¥36,000

記者的に18年モデルでうれしい点

記者的に13モデルから18モデルで変更になった点としてうれしかったのが2つあり!

1つはドラグが13モデルが7kgだったのに対して、18モデルは3kgアップの10kgになっていたこと。

あともう1つはギヤ比が選べるようになったこと。13モデルはギヤ比が8.0:1(ハンドル1回転83cm)の1つだったのが、18モデルではギヤ比が8(8.0:1でハンドル1回転83cm)と7(7.3:1でハンドル1回転76cm)の2つから選べるようになっています。

 

発売は2018年9月下旬!発売が楽しみですね

 

2 / 2
前へ