ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

あの話題の便利アイテムがいよいよ店頭へ!「MC スナップキャッチャー」が便利すぎる!

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

第一精工の話題の新製品、「MC スナップキャッチャー」がいよいよ登場します!

MC スナップキャッチャー」は、カラビナリールとスナップホルダーが組み合わさった便利アイテム。

スナップやラインを一時的に止めておけるので、ルアー交換時などに風でラインが流されるといったことも防いでくれます。

「MC スナップキャッチャー」はあのアイテムのいいとこどりだった

今回新製品として登場した「MC スナップキャッチャー」、実は以前に第一精工の動画内で紹介されていた、あるアイテムのいいとこどりをした存在でした。

そのアイテムというのが、「ノービナーD+スナップホルダー」と「カラビナリール+マイクロケース」。

過去動画「ショアジギでおすすめのあの商品をついに暴露します。」で、第一精工スタッフの森本さんと堀川さんが話していた内容。実際、森本さんはこの組み合わせが便利で、プライベート釣行でも欠かさず使用していたのだそう。

そうした影響もあり、今回製品化することが決定したとのことでした。

過去動画ではこのほかにも便利なアイテムが多数紹介されていますので、ぜひいま一度チェックしてみてください!

ショアジギでおすすめのあの商品をついに暴露します。

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

「MC スナップキャッチャー」の使い方

「MC スナップキャッチャー」にはスナップホルダーが2個セットされており、オカッパリで使用するサイズのスナップであればほぼ取り付けることが可能。

こちらにあらかじめスナップをセットしておけば、スナップケースも不要。軽装にしてランガンしたいときにも重宝します。

カスタムも自在で、スナップホルダーをひとつ外してラインカッターなどを取り付けるのもオススメです!

スナップを仮止めできる便利機能

そのほかにも「MC スナップキャッチャー」には様々な便利機能が搭載されています。

なかでも注目したいのが、スナップを仮止めできる機能。

取り付け方に関しては、スナップの比較的ストレートな部分をキャッチ部の”横から”押し当てセットすればOK。

取り外す際も、ライン又はスナップを軽く引っ張ると簡単に外れます。

ルアー交換時に、使用中のスナップを留めておくことで、ラインが風に煽られることがなくスムーズなルアー交換が可能です。

ちなみにスナップホルダーには締め込みをするようの窪みも用意されており、スナップを結ぶ際にはそちらを使用することができます。

そのほかにもラインを仮止めしておくパーツも設置されており、下記の図にある「ラインフック」に引っ掛けて使用することが可能。

ラインだけでも固定できるので、スナップの交換などにも重宝します。

以上のように、「MCスナップキャッチャー」はサーフやショアジギングなど様々な釣りで重宝するアイテムとなります。

一つあれば様々な場面で活躍するので、ぜひ店頭で見かけた際はチェックしてみてください。

第一精工秋の新商品を紹介!とおまけでサーフヒラメ狙いに初挑戦

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

MC スナップキャッチャー【第一精工】

「MC スナップキャッチャー」は、ルアー交換時にスナップやラインを固定できるアシスト機能が付いたクリップオンリール。

クリップ もしくはカラビナでゲームベストやバッグに簡単装着することができ、クリップ部分も360°回転。スナップホルダーのリールも最長70cm伸ばすことができので、スムーズに取り出しも行える便利アイテムです。

サイズ 重量 材質 対応スナップサイズ ラインフック対応号数(フロロ) 本体価格
152mm×38mm×34mm 28g [本体]POM
[ラインフック]TPS
[スナップホルダー]GFRP
幅2.6mm~4.5mm以内
高さ3.6mm~8.0mm以内
0.8号(3lb)~8号(30lb)程度 ¥1,980(税込)

第一精工公式「MC スナップキャッチャー」詳細ページはコチラ

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。