ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「港のジェームズ」ジャクソンから登場した変わり種シンキングペンシルを詳しく解説【寄稿by木志建太】

港のジェームズの最大の特長は、シミ―フォールと、どんな時でもしっかり動くスイングアクションしてくれるトコロ

港のジェームズの最大の特長は、フォール時の【シミーフォール】 と、どんな状況下でもしっかり泳ぐ【スイングアクション】だとボ クは考えています

シミーフォールするシンペンは意 外と少ないように感じます。この2つの特徴を持つことによって、 より多くの場面でジェームズが活躍してくれます‼︎

 

ルアー水中アクション動画【港のジェームズ 】【ジャクソン】

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

 

港のジェームズは日夜問わず使用できる⁉

港のジェームズがデイゲームで効く理由は、シミ―フォールしてくれるのと、フラッシングが強いから

シンキングペンシルのイメージは、ナイトゲーム主体の明暗だった り、流れを探るイメージがかなり強いと思います。しかしこの港の ジェームズ、デイゲームでもしっかり魚を連れてきてくれます!

その理由として、

シミーフォール(身もだえるアクション)が効く‼︎

バス釣りをしている方はバイブのシミーフォールが効く場面を経験 した方が多いのではないでしょうか(^^)

ただ巻きで狙って釣れなかったポイントに、シミーフォールのリフ ト&フォールで通すと口を使う魚がけっこう居ますのでぜひ試して 下さい‼︎フォールスピードも早すぎないのでじっくり魚に見せる こともできますよ‼︎

あとはボディの形状から発生する『フラッシング効果』によってデ イゲームでもしっかりアピールしてくれます。これはただ巻きのス イングアクションでもシミーフォールの際でもルアーがフラッシン グしながら魚の気を引くので、それを意識しながらルアーを引くと いいと思います。

 

キシケン 的な港のジェームズオススメ使用場所‼︎

A 流れの中

B 明暗

C ストラクチャーが絡むピン

以上3つです。

ここからは以上3つの場面においての使い方についてご紹介します 。

A :流れの中でのアクション

どんな流れの中でもしっかり泳ぐのがこのルアーの特徴です。アッ プに投げて弱ったベイトを意識して、流れに乗せながら巻いても、 ダウンに投げて弧を描きながらゆっくり巻いて攻めるのもOK‼︎ レンジキープ力も優れている ので流れの中で使うのはかなり向いています!

B :ナイトゲームにおいて明暗を狙う

基本ただ巻きのスイングアクションで、いつも明暗を狙う釣り方で ぜひ使ってみてください^ ^ルアーが小さい分魚のサイズを選ぶことはできませんが、より魚 の反応は得られると思います。

あとは魚がいるのに食わない。色んなルアーを通したけどアタリが ない。そんな状況下で、ストップ&ゴーもしくはリフト&フォール のシミーフォールを発生させて狙ってみてください。これまで出会 えなかった魚たちを釣るための引き出しの1つとして、 ぜひ活用してみてください^ ^

C: ストラクチャー絡みのピン打ち‼︎

試してほしいのがリアクションで食わす方法です。魚が付いている ピンの寸前までルアーを流し込み、ピンを通る時にロッドティップ をチョンチョンとアクションさせてルアーを不規則に泳がして釣る 方法です。ただ巻きで食わない魚も、不規則なルアーの動きにリア クションバイトしてしまいます。

特にデイゲームのときはこの釣りが有効で、ストラクチャー裏のヨ レ、目に見える潮のヨレを狙う時にはかなり、おすすめです♪

なぜこの釣りがジェームズに向いているかというと、ピンに流し込 むまでロッドワークによってレンジキープできるからです^_^ とても扱いやすいルアーになってますよ♪

2 / 3
前へ 次へ