ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖のバス釣り最新攻略法「エビ藻パターンが超アツ」特別寄稿by武田栄喜

琵琶湖のいまを釣れ!

こんにちは琵琶湖プロガイドの武田栄喜(たけだ・はるき)です!

早いもので、もう7月ですよね!

この記事が公開される頃には梅雨もあけているでしょう!

さて、今回のテーマは「琵琶湖のいまを釣れ!」で書いてみたいと思います。

解説=武田 栄喜 Haruki Takeda

琵琶湖でハードルアーを中心としたストロングスタイルでの釣りを追求するプロガイド。またトーナメンターとしてはオールラウンドなスタイルで高い実績を残している。高知県出身

武田栄喜Facebook→https://www.facebook.com/haruki.takeda

 

今年の琵琶湖はかなりウイードが少ない傾向! そんな中で注目したいのはエビ藻

 

今年の琵琶湖は例年になくウィードが少ない傾向で、釣果的にも苦戦しているアングラーが多いようです!

そんなアングラーにオススメしたいのがエビ藻パターン!

エビ藻の良いところは、なんといっても目視できるというところ!

目視できるということは釣りをしていても明確な目標生まれるので集中力が持続されますよね!

また、魚探がなくても目で探せばよいので比較的、琵琶湖での釣りの経験が少ないアングラーの方でもけっこうイイ釣りができやすいと思うので、この時期はオススメです。

ではそんなエビモ攻めでもルアーについてですが…

雨などのローライト時はトップウォーターで狙え!

なかなか空振り気味な今年の表層ゲームですが、ローライト時はエビ藻のトップウォーターゲームは大有りです!

ウイードが生えていないエリアでは非常に難しい表層ゲームも、エビ藻が縦ストラクチャーの変わりになってくれるので、ちゅうちょなくトップウォーターにバイトしてくれます!

おすすめは、移動距離の少ないポッパールアー!

具体的にはジャッカルさんのSKポップグランデ(65mm 9g)やティムコさんのコーリングペッパー(70mm 10.5g)など、重低音サウンドのでる平行浮きのポッパーが琵琶湖ではマストになっています!

ジャッカル公式SKポップグランデ平村カスタム詳細→こちら

ティムコ公式コーリングペッパー詳細→こちら

 

首を振ってしまうと重低音が出ないのでルアーは必ず直結で結ぶ事をオススメします。

ラインはもちろんナイロンライン! 僕は東レ・ポリアミドプラスの16lb~20lbを使用しています。

 

晴れた時はバレッジスイマーAE&スタッガーワイド!

で晴れた時なんですが、オススメはバレッジスイマーAnotherEdition+スタッガーワイドでのアプローチ!

エビ藻のシェードにサスペンドしたバスをスタッガーワイドのスパイラスフォールで狙います!

エビ藻の濃さに合わせて5gと7gを使い分けることが大切!エビ藻の中から強引に引き出す為にもラインはエクスレッドの18lbをお勧めします!

 

ベイトのサイズに合わせてルアーのサイズを選択する事も大切!左がバレッジスイマーAE5gにスタッガーワイド4インチ!右がBFカバージグ3.5gスタッガーワイド3.3インチ! 小さなギルがエビ藻回りでプカプカしていた出番ですよ!

ジャクソン公式バレッジスイマーAnotherEdition詳細ページ→こちら

ハイドアップ公式スタッガーワイド4インチ詳細ページ→こちら

ジャクソン公式BFカバージグ詳細ページ→こちら

ハイドアップ公式スタッガーワイド3.3インチ詳細ページ→こちら

 

 

1 / 2
次へ