ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

五十嵐誠の野尻湖スモールマウスバス最新情報【6月以降対応、虫ルアー各種解説、各種パターン解説】

体力を回復させたいバスが多く、効率よくカロリーのとれる大きなエサ、食べやすいエサを好む傾向にあります

この時期のバスはアフタースポーンのタイミングな個体が多く、いち早く体力を回復したがって効率よくカロリーをとれる大きなエサや食べやすいエサを好みます。

その為小さなワームよりアピールの強めなレギュラーサイズ~大きいサイズのルアー又は食べやすい虫系が活躍しやすい傾向にあります!

最近大活躍なのはエビを意識して使うネコリグとヘビーDS

先ず最近、大活躍なのがエビを意識して使うネコリグやヘビダン!
(ネコリグはスワンプクローラー1/32オンス、ヘビダンはヤゴーン1/8オンス)

何気にヤゴーンってめちゃくちゃエビっぽいなって思うのです。

特にヘビダンで使うと『ピピッ』って動いて『フワァー』っと落ちるし!

YAGOOOON ヤゴオオオオン【ジャクソン】

ffafa

出典:ジャクソン公式ヤゴーン詳細

エグシュンこと江口俊介さんが開発したのが水性昆虫のヤゴをイミテートしたムシワーム。

Size Type Quantity Price
1.75in Sinking 5 ¥700
2in Sinking 5 ¥730

ちなみにヤゴーンに関しては以前に詳しくニュース記事にさせていただいたものがあるので、そちらもぜひチェック

2 / 4
前へ 次へ