ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

釣った魚との記念写真もバッチリ!手を汚さずにバス持ちスタイルができるフィッシュグリップが登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

釣った魚との記念写真、せっかくならカッコよく撮ってもらいたいですよね!

そんな魚とのツーショットとの定番の持ち方といえば、魚の口をつかむバス持ちスタイル!

今回は、2023年の4月に登場予定の新製品、第一精工の「ジョーグリップMC」をピックアップ!

ダイレクト感覚で魚を掴めるフィッシュグリップです!

2023年の第一精工新商品

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

魚の口にも優しいグリップ形状

「ジョーグリップMC」は、手を汚さず、魚の口をつかむことができるフィッシュグリップ。

魚の口にかかるキャッチフック部が搭載されているので、魚が暴れても外れにくく、ホールド力もバツグン!

グリップ部分も滑らないよう工夫が凝らされているので、誰でも簡単かつ安全に掴むことができます!

魚の口への配慮もバッチリ!

そんな強く掴んでしまうと魚へのダメージも気になるところ。

しかし、そのあたりも心配ご無用!魚への配慮もしっかりとられ、口を傷つけにくく、先端を丸くした歯と曲線状に配置したJAW(顎)形状が採用されています。

実は、掴んだ際も、魚の口への負担が一点に集中しないよう、4点で荷重を分散して支える構造になっているのだそう。

動画撮影などで魚の口を掴んだ際も、顎が外れることもなく、グリップでよくある穴が開いたりすることもなかったそうです。

ダメージを最小に抑えれるデザインなっているので、リリースされる魚にも配慮されています。

すぐに取り出せる携帯性も優秀!

そしてもう一つが、携帯性!

釣った魚をすぐに掴めるよう、グリップ後方にはカラビナがセットされています。

ライフジャケットやベルトに装着できるので、携帯性もバツグンです!ちなみに、第一精工スタッフの堀川さんは、使いやすさを追求した「カラビナホルダーMG」と組み合わせて使用していました。

実際に使っている様子の動画も公開されているので、あわせてチェックしてみてください!

森本 寛史(Hirofumi Morimoto) プロフィール

第一精工の営業部。「ラーク森本」という愛称で親しまれ、持ち前の面白くて明るいキャラクターで「四季の釣り」をはじめとした釣りメディアでも広く活躍中。最近ではYouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」での動画配信も積極的に行っている。

堀川 泰知(Taichi Horikawa) プロフィール

ほりっぴ~という愛称で親しまれ、日頃は第一精工の営業部として活動中。面白いトークで笑いを取りに行くキャラクターを活かし、釣りメディアやYouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」などで広く活躍中。
新商品でロックフィッシュを掴みたいが・・・

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

ジョーグリップMCのスペック

2023年4月発売予定

サイズ 重量 材質 備考 価格
127×62×32mm 77g ガラス繊維強化プラスチック カラビナ付き ¥1,980(税込)

第一精工公式「ジョーグリップMC」詳細ページはコチラ

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。