ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【琵琶湖バス釣りルアーの使い方】上田直紀のスターラーテールのマキマキパターン

日本を代表するビッグレイクで、日本で随一のデカバス出現レイクとして知られる琵琶湖。
そんな琵琶湖での釣りをマンキツするためのパターン(釣り方、ルアー)を紹介します。

今回は琵琶湖の人気プロガイド・上田直紀さんに自身のこの時期のウイード攻略を紹介していただきました!

ぜひ参考にしてみてくださいね! 出典:ルアーニュース増刊号:琵琶湖のバス釣り完全ガイド

 

解説=上田直紀 Naoki Ueda

ハードベイト中心に、巻きで狙い通りにデカバスを獲るスタイルで、コリマグ旋風を巻き起こすBigboyこと上田直紀。クランク、スピナベ、ジャークベイトなどが大好物。滋賀出身&在住。「上田直紀の琵琶湖バス釣り日記」……http://ameblo.jp/n-u-590310/

 

ウイード成長、クリアUP…そんな時はビッグカーリーのテキサススイミング・通称マキマキが効く!

初夏から暑い晴天の日が続くと、ウイードも著しく伸び、水質もどんどんクリアUPしてきます。ウイードトップから水面までのルアーを通す幅の狭さ、そしてクリアUPを考えると、どうしてもハードルアーでは太刀打ちできない状況がでてきます。

そこで、このテのテキサススイミング、いわゆるマキマキパターンが有効となってくるのですが、特にアフターの個体をストックしやすいエビモなどの上を巻くとバイトラッシュになることも。また、マキマキでしっかり食い込まない時はリフト&フォールで攻めると効果的です。


巻きはじめ前のフォールでバイトした53cm

 

スターラーテール5.5inch【デプス】

夏のクリアUPによるハイプレッシャーな状況下でも、絶大な釣果をもたらすマキマキパターン。水深2mあたりまでは5-7gのテキサスシンカーを用い、それよりも深い呂頃はヘビーウエイトのキャロで巻きます。カラーセレクトはウイードの上でしっかりシルエットをアピールさせたいので、基本濃いめのスカッパノン、グリパンあたりを使用し、あとは水質がクリアになるにつれウォーターメロンやスモーク系を使用します。ベイトが大量に入って来てる時はラメ入りカラーも効果的です。

depsのビッグカーリーテール「スターラーテール5.5インチ」を紹介【Bigboy上田直紀プロデュース】


東岸エビモエリアの上を巻いて手にしたビッグフィッシュ

1 / 2
次へ