ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【アベンジミノー170】デカバスを浮かせて食わせる、水押しと操作性を両立したビッグミノー

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

出典:ラグゼ公式アベンジミノー170詳細ページ

ラグゼのビッグミノー「アベンジミノー170」。2023年、いよいよデビュー予定となっている。

ラグゼのバスルアーデザイナー・赤松拓磨さんによれば、初冬など水温が下がり始めて、バスもシャローにまだ残るかディープに落ちるかというタイミング。ベイトとなる小魚もシャローにいて、そしてデカバスがそれを狙う…そんな時に特に強いビッグミノーだそうだ。もちろん使いどころはそれだけじゃないんだけれど。

△釣りフェスにて赤松さんにもちょっとお話を聞けました

ジョイント系ビッグベイトのように水を逃がし過ぎたくはない、けれどマグナムクランクほど強いと嫌われる…そんな時にビッグミノーという選択肢があるのはかなり強いという。

でも、難しく考えなくていい。基本は巻いて釣るだけですと赤松さん。そして、バスを呼んで水面付近で食わせる。

潜行レンジは1mほど。アクションはローリングを主体としたもので、縦気味のリップはそれをアシストしそうだ。あえてそこまで潜らせずウィードフラットの上を引いたり、魚を上へと呼んで食わせるイメージで使うそうだ。

水押しはしっかり強いけれど、操作面ではハイレスポンス。ボディ形状がヘッド部は若干扁平で水をしっかり受けられる面となり、しかしながらテール部に関しては円(断面としては)となることで受け流し、水押しが強いけどアングラーは操作しやすい。

強さとレスポンスの高さを両立させたビッグミノーとなっています。

以下の動画と併せてチェックするともっと分かりやすくなるかと!

出典:YouTube「LUXXE MOVIE」

ウエイト 全長 入数 希望本体価格(円)
約60g 約170mm 1個 2,500

カラーラインナップは以下の通り。

#1 パールバス

#2 リアルバス

#3 フレッシュバス

#4 アメリカンシャッド

#5 ヤングカープ

#6 クリスタルアユ

#7 アッカーシャッド

#8 シースルーチャートバック

個人的には……シーバスでも使いたいなぁなんて思いもあったり…。

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。