ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【BLINK=激しい明滅】あらゆる状況で〝外せないジグとして開発!「BLINK MAN(ブリンクマン)」がテイルウォークから初夏登場予定

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

メタルジグ「BLINK MAN」が気になった

出典:テイルウォーク公式BLINK MAN詳細ページ

開発のコンセプトを伺ったところ、まずは「今後もテイルウォークのジグの中で、いつだってルアーボックスに忍ばせておきたいモノ、外せないモノを作りたいよね」というところからスタートしたようなのです。

テイルウォークのBLINK MAN(ブリンクマン)。かなり気になりましたねぇ~。

激しい明滅と操りやすさ

テイルウォークのメタルジグの軸として今後も末永く愛される存在になるために、まずは当然ながら実釣性能がなければ始まらない。

魚を引き寄せるアピールは、そのボディから放たれる激しい明滅=BLINKによってもたらされる。

△釣りフェスティバルではショーケース内だったのです。メチャ触りたかった(笑)。目がテイルウォークなのもカワイイ

テンションフォールではスライドしながら激しい明滅、フリーフォールでもヒラヒラ~と舞いながらギラギラとアピール。

それらのアクションをラインテンションの強弱で、アングラー側がコントロールしやすいそうだ。アピールと扱いやすさを両立させたジグになっているそうなのですが、その理由が独特の形状。結構面白いんです。

テールにかけて、テーパーがあるというか。前と後ろで重量バランスが異なり、これがアクションレスポンスのよさや明滅効果につながっているそうなのです。

また、裏面もデザインが異なります。

以下はORANGE BOTTOM MASTERというカラーなんですが、裏面(オレンジのゼブラの方)にはキールがあるのが分かります。

このキールがアングラーのアクション入力をロスなくジグに伝えるそうで、簡単にいえば軽い入力で安定して飛ぶ。

そして、後方にはリブがあり、ジャーク時の水流を整え、過度な引き抵抗を抑える効果があるんだそうです。

さらにはセミロングタイプとリーフタイプの中間という絶妙なシルエットは、フォール幅や引き抵抗において、すごくバランスがよく、扱い方次第でまさにエースとして多彩な魚種に効果的だったんだそうです。

MODEL ウエイト 税別価格(¥)
BLINK MAN 120g 1,600
150g 1,800
180g 2,000
210g 2,200
250g 2,500
300g 2,800

テイルウォーク公式ブリンクマン詳細ページはこちら

最新動画もチェック

最新動画もぜひチェックしてみてください!

出典:YouTube「tailwalk テイルウォーク」

2023 tailwalk NEW PRODUCT LIVE

すでに配信されたYouTubeLIVE「2023 tailwalk NEW PRODUCT LIVE」ですが、アーカイブ動画が以下となります。

こちらのアーカイブ動画内に、2023年の新製品が数多くご紹介されていますのでマジで要チェック!

出典:YouTube「tailwalk テイルウォーク」

そして、いよいよ2月4日(土)&5日(日)にはフィッシングショーOSAKA2023が開催されます(インテックス大阪)。もちろんテイルウォークもブースを出展。

ご来場予定の皆様は、こちらの動画で新製品の予習、そしてFショーで触り・たくさんの質問をスタッフさんにしてみちゃいましょう!

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。