ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【βシステム爆誕!】タイラバが変わる、紅牙のユニットシステムが劇的に変わる!!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

「紅牙」といえば、タイラバシーンのトップを走り続けてきた言わずと知れたダイワのタイラバブランド。

その紅牙からは様々なアイテムが出ているわけですが、2023年、ユニットシステム自体が大きく進化して登場となる。

βシステム爆誕

新たなユニットシステムはβシステムという。αシステムに続くβシステム、衝撃的なほどにユニット交換が楽に・早くなる。

上記は、そのβシステムを搭載したベイラバーフリーとなる紅牙ベイラバーフリーβ(ベータ)なのだが、これを例に見てみます。

ヘッドを通るリーダー、その先にチューブ、ネクタイ&フックというかたちだ。鋭い皆さんなら、もうお気づきかもしれませんね。

そうなのです。このチューブを少しズラしてやればスナップがあり、その穴にネクタイ&ラバーを通すだけ。加えて、そのスナップにフックが付けられている。つまりはリーダーを切らなくてもユニットを交換できるのです。

圧倒的に速いし便利にローテーションが可能に! さらにいえばフックはまだまだ生きているけど、例えばフグなんかにネクタイだけやられた~なんて時も素早くネクタイなどだけ交換できるのです。

紅牙タイラバ開発を担当する古谷英之さんによる解説もチェック。

出典:YouTube

一体感アップでフッキングも決まる

また、実際にリトリーブした時のユニットの一体感が高い。

実は、ヘッドのラインが入る側とユニット先端側のパイプ径が違う。ユニット先端側の方が若干大きくなっていて、これによりユニット先端の収まりがイイというか、無駄にユニットを暴れさせないそうだ。

だからフッキングも非常に決まりやすい。

△ラインが入ってくる側は径は小さめ、ユニット側が径が少し大きめで先端の収まりがよい仕様に

紅牙ベイラバーフリーβ(ベータ)とヘッド単体の紅牙ベイラバーフリーβヘッドが3月に登場を控える。

出典:ダイワ公式

セット・ヘッドともにウエイトは45~250g、カラーは10色。

紅牙ベイラバーフリーβ(2023年3月登場予定)
ウエイト 45g 60g 80g 100g 120g 150g 200g 250g
税別価格 ¥1,050 ¥1,100 ¥1,150 ¥1,200 ¥1,250 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,700
紅牙ベイラバーフリーβヘッド(2023年3月登場予定)
ウエイト 45g 60g 80g 100g 120g 150g 200g 250g
税別価格 ¥800 ¥850 ¥900 ¥950 ¥1,000 ¥1,050 ¥1,250 ¥1,450

画期的な速さと一体感の高さ、2023年は紅牙のエポックメイキングな年になるかも!?

紅牙ベイラバーフリーβ詳細はこちら
紅牙ベイラバーフリーβヘッド詳細はこちら

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!