ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【リューギ2023年新製品】ブッシュは防ぎフッキングは妨げない「タリズマンブルータル・ヘビーガード」登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

近年、強力なPEラインを用いたパワーフィネスが人気ですが、そのフックとして選ばれているのが「タリズマンブルータル」!

そんな「タリズマンブルータル」に2023年ヘビーカバーモデルが登場します!

タリズマンブルータル・ヘビーガード【リューギ】

2023年秋ごろ登場予定

それがコレ! 「タリズマンブルータル・ヘビーガード」!

キムケンこと木村 建太さんと伊藤 巧さんがアメリカのトーナメントシーンで必要性を感じ開発したのが「タリズマンブルータル」。

そんな「タリズマンブルータル」をカバーに対応させたのが「タリズマンブルータル・ヘビーガード」です。

ガードはステンレス単線ワイヤーを採用

ガードパーツはステンレス単線ワイヤーで作成。

強すぎず弱すぎないステンレス単線ワイヤーは、ブッシュははじくがフッキングははじかない絶妙な硬さで作られています。

フッキング率が高い秘密

ヘビーカバー完全対応の「タリズマンブルータル・ヘビーガード」ですが、フッキング率は非常に高いそう。

その秘密はガードの角度!

ベースの「タリズマンブルータル」は、シャンクがやや長く設定されており、そこにガードを付けることで、ガードがやや下をむきます。

このガードが少し寝ているのが重要で、立っているとガードがバスに刺さりフッキングを妨げてしまうことがあるんだとか。

「タリズマンブルータル・ヘビーガード」は絶妙な角度で寝ており、フッキングを邪魔しない。だからフッキング率が高いんだそう!

サイズラインナップ

サイズは、#1/0・#2/0・#3/oが確定しているとのこと。もしかしたら#4/0も登場するかもとのことでした!

画像はプロトタイプのため、ガードがついていないものがあります。

以上「タリズマンブルータル・ヘビーガード」について紹介しました! ロングワームやボリューミーなワームで使用したい!

リューギ(RYUGI)

兵庫県丹波市を拠点に、バスフィッシング用フックを中心とし、こだわりのシンカーや特殊リグパーツほか様々なバス釣りアイテムを輩出中。