ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

ワン&ハーフ化で、さらなる繊細さと強さを求めた「タイゲームTZ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

出典:テイルウォーク公式「TaiGame TZ (’22 MODEL)」詳細ページ

2023年も、早くも2週間が経ちましたね。初釣りはめでたくマダイを狙ってタイラバ…なんてのもイイのではないでしょうか。

今回はそんなタイラバに古くから力を入れてきたテイルウォークのハイエンドタイラバロッド「タイゲームTZ」をご紹介。

タイゲームTZ 22モデル

タイゲームTZは、昨年モデルチェンジを果たし、さらにタイラバに真正面から向き合ったロッドとなりました。

大きな仕様変更という意味では、これまでのバットジョイントからワン&ハーフとなった点。

ワン&ハーフで役割を明確に

ワン&ハーフ化で、ティップセクションにかけては繊細に、それでいてバットパワーも十分残す仕様に。フルソリッドのティップセクションで、変わらずに食わせ性能は高いんだけれどバットセクションのカーボンチューブラーがあることで、フッキングをもたらす部分を作った。食わせながら掛け処もある、そんなロッドとなった。

また、バットに負荷が掛かる部分を任せることで、カーボンフルソリッド部分はさらに繊細に作り込むことが可能になり、結果的にさらに水中情報が分かり、大きなアドバンテージを得ることに。

動画もチェック

出典:YouTubeチャンネル「 tailwalk テイルウォーク」詳細ページ

Nakachaaan!こと中村宗彦さんのタイラバ動画もチェック。かなりヒットシーン多め、実際に見てもらうと食わせもパワーも両立するロッドに仕上がっていることが分かるかと!

トルザイトリングガイド

もちろん「TZ」シリーズだけにガイドはチタンフレーム・トルザイトリングガイド。

ベイトモデルは全機種スパイラルセッティング。ラインのブランクタッチを軽減し、ガイド数を減らすことも可能となりロッド全体として軽量化が可能になります。

ベイトモデルのバットガイドはLRV(ライトリバース)系のダブルフットであるT2-LRVTG。ネジレに強く、絡みも少ない軽量モデル。シックなダークグレーのT2カラーも所有感をくすぐる

スピニングはバットガイドにT2-KLTGのH10。糸絡みを激減させるハイフレームタイプ

リールシートはベイトにPULS、スピニングには IPSを採用。

また、グリップエンドにかけてはメタルパーツが配され、前モデルとはまた違ったレーシングデザインに。

ベイト3機種・スピニング1機種

機種はベイト3機種・スピニング1機種の全4機種。めでタイ初釣りに、タイゲームTZでチャレンジしてみては?

ベイトモデル
モデル 全長(ft.in) 継数 仕舞寸 (cm) 自重 (g) ルアーウエイト (g) 適合ライン(PE) ドラグ
(kg)
本体希望価格(税抜き)
C71XUL/FSL 7.1 1&Half 148 128 max 120 max 0.8号 max 1.0 46,000円
C65UL/FSL 6.5 1&Half 128 120 max 120 max 0.8号 max 1.2 45,000円
C70UL/FSL 7.0 1&Half 146 130 max 150 max 1.0号 max 1.2 46,000円
スピニングモデル
モデル 全長(ft.in) 継数 仕舞寸 (cm) 自重 (g) ルアーウエイト (g) 適合ライン(PE) ドラグ(kg) 本体希望価格(税抜き)
S66ML/FSL 6.6 1&Half 120 118 max 200 max 1.0号 max 1.5 44,000円

出典:井上直美Facebookページ

テイルウォーク公式タイゲームTZ(’22モデル)詳細はこちら

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。