ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【ブレードジギング】歯が鋭くて強烈な引きのサワラが相手ならラインセレクトも重要!遊漁船“魚籠”船長の山中竜太による実釣解説

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

流行りに流行った“ブレードジギング”。

山口県の岩国から始まり、今では東京湾、三重湾、日本海、そして大阪湾など。全国的にブーム。2023年はもっと盛り上がるのでは? という話もチラホラ。シーズンに備えて準備と共に、こちらの動画も参考に…。

【サワラキャスティング】🔰初心者必見‼ 山中竜太が岩国沖のブレードジギングの釣り方を徹底解説!

https://youtu.be/JuHeKPLd264

出典:YouTubeチャンネル「sunlinefishing」

ブレードジギングのメッカ、岩国沖が舞台。

サンラインフィールドテスターであり、遊漁船「魚籠」2号艇船長の“山中竜太”さんがブレードジギングの魅力を紹介しながら実釣を行うこちらの動画。アプローチ方法からレンジの探り方に、アワセのタイミングなど…。初心者の方にも伝わるような分かりやすい内容で丁寧にシッカリ解説してくれています。

山中 竜太(Ryuta Yamanaka) プロフィール

バンビ―山中の愛称で知られるマニア系アングラー。山口県東部がメインエリアであり、得意な釣りはアジングでありながらも、日々旬のターゲットを追い、幅の広いジャンルの釣りをこなすマルチアングラー。アジング&メバリングブランド「ECSTASY」のワーム開発なども行っている。2020年からは遊漁船の船長としても活躍中。

注目すべき点は使用ライン

やはり注目すべき点として、挙げられるのが使用ライン。

サワラは歯が鋭いのに加えて引きもパワフル。ラインセレクトが大切だということで動画内で使われているのは「SIGLON PE X8」。オールジャンルに向けたコストパフォーマンスを重視して開発されたPEラインですが、ブレードジギングにもカナリ最適。品質を落とすことなく、コストを抑えた製法加工により、高強力&ローコストを実現したマテリアルで、滑らかながら適度なハリとコシを持ち合わせたPEラインに。

サンライン公式「SIGLON PE X8」詳細ページはこちら

何を釣ろう、期待に胸を膨らます春。リールに巻くのは汎用性の高さ+ハイコスパが特長の…「シグロンPE」

強い、安心感がある”。と山中竜太さんはコメント。実釣で使ってみた感想を15:38秒で解説。ブレードジギングで使用した気になる印象についてもぜひ注目!

ブレードジギングのテクニックも参考になる

本場のブレードジギングを網羅している遊漁船の1つ「魚籠」の船長を務めている“山中竜太”さんならではの考え方やノウハウにも必見! 釣りの魅力から組み立て方、基本的な操作方法など! 分かりやすく解説している実践内容にも注目。

釣れマクリ! サワラをはじめとした青物が爆釣

モチロン実釣シーンも見ドコロ。

サワラをはじめとした青物が炸裂! サワラ以外にも色々なゲストが釣れてくれるのも醍醐味。サワラの引きも強烈!

今年も盛り上がりそうな“ブレードジギング”。シーズンまでの準備期間にぜひこちらの動画もご一緒に!

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!