ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

2023年のテンリュウNEWロッド「レイズ インテグラル」の収納にピッタリなのはコレ!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

2023年にテンリュウから登場予定となっているネイティブトラウトロッド「レイズインテグラル」。

既報の通り、洗練されたキャストフィールを持ちながらも、パックロッドが主となるシリーズとなって新たに生まれ変わる。

改めて、そのスペックをご紹介するとともに、詳細についてはすでに配信した記事もチェックして頂ければ!

レイズ インテグラル

出典:天龍公式「レイズインテグラル」詳細ページ

MODEL TYPE LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON/GLASS
(%)
PRICE
RZI484S-UL S 1.42[4’8″] 4 R 39 MAX 6 MAX 4 MAX 0.6 110 1.5 74 96/4 ¥42,000
RZI484S-L S 1.42[4’8″] 4 R 39 MAX 8 MAX 4 MAX 0.6 110 1.6 77 96/4 ¥42,500
RZI755S-MLM S 2.26[7’5″] 5 R 53 MAX 20 MAX 10 MAX 0.8 265 1.6 115 97/3 ¥51,000
RZI845S-MH S 2.54[8’4″] 5 R 58.5 MAX 25 MAX 14 MAX 1.2 315 1.8 137 97/3 ¥54,000
RZI484B-UL B 1.42[4’8″] 4 R 39 MAX 6 MAX 4 MAX 0.6 118 1.5 85 96/4 ¥49,000
RZI484B-L B 1.42[4’8″] 4 R 39 MAX 8 MAX 4 MAX 0.6 118 1.6 87 96/4 ¥49,500

テンリュウ公式レイズインテグラル詳細ページはこちら

関連記事

【2023年、出るっ!】天龍の「レイズ インテグラル」登場、ホンモノのモバイルトラウトロッドに大注目

収納にピッタリなアイテム

さて、今回ご紹介したいのは、そんなレイズインテグラルの収納にピッタリなアイテムが、実はテンリュウにはすでにあるってことです。

出典:テンリュウ公式

上記写真、レイズインテグラル専用ケースではありません。ですが、雰囲気もバッチリ合う。

使用されているのがティップカバー(XLサイズ)エンドベルトです。

ティップカバー

出典:テンリュウ公式オンラインショップ

リールを装着したまま移動する際でも、不意の破損を防いでくれるティップカバー。ナイロン生地の中にはソリッド素材を仕込んであり、適度な強度を持たせているのが特徴。

元々、Mサイズはトラウトロッド等向けに、Lサイズはシーバスロッド等向けに、そしてXLサイズはマルチピースロッド等向けに製品展開されているのですが、このXLがベストマッチ。

エンドベルト

出典:テンリュウ公式オンラインショップ

そして後ろ側にはエンドベルト。隠れた名作といいますか、ベルトの片側が半袋形状になっているから、そこに竿尻やジョイント部を差し込めば傷などから守ってくれる。また、砂埃などがブランクス内に入るのも防いでくれます。

公式オンラインショップで購入可能

この2つの組み合わせ、コンパクトにまとまるだけでなく、リールを付けたままでOKなのでパッと取り出したい時もとってもイージー。

テンリュウ公式オンラインショップでも購入できるアイテムですので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみにオンラインショップでは2023年1月9日まで、5,000円(税込)の購入で送料無料となるウインターキャンペーンも開催中ですよ!

キャンペーン期間
2023年1月9日 AM09:00まで

テンリュウ公式オンラインショップはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。