ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

「あっ、コレは一生モノだ」と直感したティムコの2023年新製品。「TMCフォーセップ・プレミアム」の完成度が高スギ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

新年を迎え、新製品の発表にゾクゾクする季節となってきましたね。

皆さんが早く見たいのはロッド、リール、ルアー…?

先日、ティムコさんに訪問しまして、2023年発売のNEWアイテムたちを見せてもらったんですよね。

やっぱりロッドとか、ルアーとか、気になるじゃないですか。

そんな中に、一見地味な(笑)アイテムが。フォーセップが机の上にあったんですよ。

ただのフォーセップ……じゃなかった。「あっ、コレ一生モノだ」と感じた、個人的に「地味だけど一番の注目株」として推せるアイテムだったのです(笑)。

その名も「TMCフォーセップ プレミアム」

TMCフォーセップ プレミアム

まずは見てもらった方が話が早いかもしれません。

ティムコバスフィッシング公式Twitterでも紹介されている通り。

まず、「ハリを外す」という、当たり前だけれどとても大事な要素をこれでもかというくらいに突き詰めたアイテム。

握った力の4倍以上の「てこの力」が先端に

実際触らせていただき、ルアーフックをつかんでみたのですが、ティムコの大津清彰さんからは「ホント軽く握るだけで大丈夫です」と言われたのです。

TMCフォーセップ プレミアムを軽く握り、フックをつかむ。ホントに軽い握りなのに、フックをガッチリつかめるんです。

まず、通常のペンチとは異なり、「TMCフォーセップ プレミアム」はフックを掴む先端部分に対し、なんと握りこんだ力の4倍以上の「てこの力」が掛かるように設計されているんだそうな。

これはもう本当に体感して頂くしか説明のしようがないのですが、まるで自分の指の力がスーパー〇イヤ人にでもなったかのような、おかしな感覚になるというか(笑)。

タングステンカーバイド製の超硬チップ

先端部分は、滑らないように最適なギザギザに形状設計されたタングステンカーバイド製の超硬チップを付属。

ダイヤモンドに次ぐ硬さを持つ、モース硬度9を誇るこの超硬チップは、強靭なハリの素材にも負けることがなく、常に最適な保持力を維持。

より繊細な作業ができる

軽い力で握れる、加えてハサミ型。何をもたらすか?

ペンチ型と異なり、指をリングにかけたまま作業できる。それもごく軽い力でガッツリつかめる。

力をグッと入れていると、実はフックをつかんで回して外すといった作業が繊細にできないんですよね。

例えば、トレブルフックが魚の身肉に刺さっていたとしましょう。フックをつかむ部分はごくわずか。そんな時にTMCフォーセップ プレミアムなら「わずかな力で繊細に取り外す」ことが可能。

つまりは魚に対しても最小限のダメージで素早くフックを外せるので、優しいですよね。

実は先端の細さや、7インチという柄の長さも、このあたりのことが考慮されていて、大型魚であっても届くし、スリム形状ゆえに口内でフックを押したり回したりという作業にも全くストレスがないのです。

アングラー目線で見ても、フックを外すという作業が時短になるのであれば、それはアドバンテージですよね。このフォーセップは、もはやタックルだといえます。

10年も追い求めたフォーセップの究極系!?

大津清彰さんによれば、なんと10年ほど究極のフォーセップを求めて試行錯誤してきたアイテムだという。

バスだけではなくソルトでも当然使えますし、ちょっと感動しました。

先に述べましたが、地味だけど個人的イチ推しのティムコ2023アイテムなのでした。

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。