ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

ハイタイドSSDで唯一の「ヒラスズキ」特化機種。トータルバランスに優れた「110H HIRA」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

出典:テイルウォーク公式「ハイタイドSSD」詳細ページ

テイルウォークのシーバスロッド「HI-TIDE SSD」シリーズは、港湾部、河川、河口、沖堤防、磯、サーフ…といった様々なフィールドタイプを想定し、基本に忠実なレングスとパワーを選択したロッド。

いわばオカッパリシーバス用ロッドである。

基本性能が高く、クセのない使いやすさとSSDらしいコスパの高さで人気。上位機種に当たるハイタイドTZと比較しても、パーツマテリアルこそ違えどブランクス設計などは肉薄しているシリーズといえるでしょう。

そんな中、2022年秋に登場となったのは、「ヒラスズキ」専用といえる機種だった。

ハイタイド110H HIRA

ハイタイド110H HIRAはヒラスズキ専用。適合ラインPE1.0~3.0号、適合ルアーウエイト18~60gはいずれもシリーズで最もヘビーな仕様。もちろん11フィートというレングスも最長だ。

MODEL 全長(ft.in) 継数 仕舞寸法(cm) ロッド自重(g) ルアーウエイト(g) ラインウエイト(PE) L1(mm) L2(mm) 税別価格
110H HIRA 11’0″ 2 173 263 18-60 1.0-3.0 550 400 28,000円

サラシに身を潜め、いざバイトすれば荒海の中をランディングすることが想定されるヒラスズキだが、当然まずは飛距離が求められる。それはヘビーウエイトルアーであっても。

SSDシリーズのよいところは、非常に扱いやすい点。ハイタイド110H HIRAもリップ付き&リップレスのシンキングミノー、シンキングペンシル、バイブレーション、メタルバイブ、トップウォータープラグといった多種多様なハードベイトをマルチに扱える。

そのために、口径の大きめなガイド設定。太番手のラインを考慮し、トップからバットまで糸抜けのよい仕様となっている。

そのバットパワーは強靭で、ヒラスズキはもちろん青物までカバーできる懐の広さを持つのだが、バットパワーとは裏腹に、意外やティップにかけてはしなやかさもある。もちろん軟らかいという意味ではないのだが、追従性もあるのだ。

フロントからリアまでもシリーズ最長となっています

特にヒラスズキなどは、最後の最後のランディングで足場が限定されて難儀することはある。こうした場合に、ある程度の追従性をティップに持たせることでバラシを減らす。

大型ルアーをしっかり背負ってキャストでき、かつターゲットに巻けないバットパワーと最後に仕留めきるティップの追従性、これをトータルバランスよく仕上げたのがハイタイド110H HIRA。

SSDながら、そのブランクス設計は上位機種に肉薄する仕上がり。メモリアルなターゲットにも十分対応できる、非常にコストバランスのよいロッドとなっています。

フィールドによってはまだヒラスズキのチャンスはあるかもしれませんし、2023年の春に向けてもチェックしておきたいロッドではないでしょうか。

テイルウォーク公式「ハイタイドSSD」詳細ページはこちら

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。