ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大江川現場ナマ情報by黒田精司【週刊ルアーニュース(5/11発売号)】

現在の大江川の状況は?

現在大江川では、プリが釣れています。またアフターやミッドスポーン、そして稚魚を守っているバスも各ポイントで確認でき、この状況は異常です。例年の大江川は、西大江川の本流から下流エリア、東大江川の本流から中流エリアの順に大体スポーニングが行われるのですが、今年はバラバラです。

大江川水系は、今がチャンス!!

現在の状況の原因

これは3月下旬の異常な暖かさが原因だと思います。だから同じエリアにいろいろなコンディションのバスがいるのでしょう。今は自分が狙う個体を決めないと釣れない状況です。そして、濁りも入ってきているので、非常にキビしい。ただ水温上昇とともに、最下流の水門からイナッコが入ってきています。そしてアフターはコレが大好物! これからイナッコパターンが有望になってくるでしょう。

次のページではオススメの狙い方と今週の爆発予想ルアーをご紹介!

2 / 3
前へ 次へ