ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【ディープをブレードジグで狙え!】大型が釣れる!大注目の「ディープブレードゲーム」を紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
ブレードゲーム特集

テールスピンジグ等を高速リトリーブして誘い、サワラなどを狙うブレードゲームが、盛り上がってきています。

特に瀬戸内西部や、東京湾などでは凄まじい人気となってきているのですが、そんな中、今シーズンの注目はずばり“ディープゾーン”。

もともと水深20~30mの浅場を、キャストで広範囲を狙うゲームでしたが、ベイトのレンジが深い場合には重いタングステン製のブレードジグが効果的。

詳細は、「ヴァンフック」が立ち上げたブレードゲーム専門ブランド「ブレードワークス」のブログ記事で紹介されているのですが、60g以上のタングステンジグをチョイ投げし、時に100mレンジまでを狙うメソッドは、ブレードゲームの可能性を拡げたといえるでしょう。

ディープエリアにおけるブレードゲームの可能性

なお、ジグのサイズに合わせたブレードシステムサイズの使い分けは必要不可欠。

具体的には、「ブレードワークス・システムパーツ#2/0」がオススメです。

またディープ狙いでもジグを高速リトリーブするため、サワラや青物の出会い頭的カウンターバイトが多発します。

しかもアタックしてくるサイズが大型の可能性が高いことから、フックセレクトは重要で、フックには強さと掛かりのよさが求められます。

その点から、強めの平打ち加工が施された「ブレードワークス・BGシングル」がオススメとのこと。

ということで、これから盛り上がりそうなディープブレードゲーム!
気になるアングラーはコチラもどうぞ!

ディープエリアにおけるブレードゲームの可能性