ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【感度&操作性がさらにUP】最新“オリジナルカーボンリールシート”の搭載によってメリット尽くし!オリムピック「コルト」がリニューアル

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

オリムピックのアジングロッド「コルト」がフルリニューアル。

先日、最上位機種の「コルト・プロトタイプ」のフルモデルチェンジが発表となりましたが、「23コルト」も負けず劣らずの近代アジングシーンに求められる要素を、高次元で具現化した仕上がりに。では、早速注目していきましょう…。

23コルト【オリムピック】

2023年春登場
(※23GCORS-642L-Tは秋発売予定、22GCORS-802ML-HSは発売中)

軽量×高感度の代名詞。

これが「23コルト」のコンセプト。独自のオリジナルカーボンリールシート「OP-01」が新採用になったことで、さらに“感度&操作性”が向上。そしてより軽くなった点も注目すべきポイントで、同レングスの23GCORS-572UL-TSと、従来モデル21GCORS-572UL-TSの自重を比較しても2gの軽量化を実現! それでいて、価格帯はそこまで変わらずハイエンドモデルに近い性能を実現し、エントリーユーザーからエキスパートアングラーまで幅広く扱える仕上がりに。バリエーションも豊富で、様々なメソッドが展開される現代のアジングにおいても、死角のないラインナップに…。

オリムピック公式「23コルト」詳細ページはこちら

新設計のリールシート「OP-01」の採用

そんな注目が集まる「23コルト」ですが、最大のポイントが新設計のリールシート「OP-01」の採用。

「OP-01」は、オリムピック独自開発のオリジナルカーボンリールシート。高強度・高弾性を有したカーボン30%を含む“PA610”という素材が使用され、軽量化・剛性・感度の全てが向上したリールシート。最上位機種の「23コルト・プロトタイプ」にも採用されている話題のカーボンリールシート。

デザインは、手のひらの懐にフィットするラウンドバック形状。力まず包み込むようなホールド感を実現します。大胆に肉抜きが施されていることで、ブランクタッチしやすく感度アップと軽量化にも大きく貢献。

他社製品との硬度比較でも同じたわみ量を得るのに必要な力は、1.85倍もの差があり、優れた高硬度特性を示しているのだそう。感度を重視するアジングにおいては、大きなアドバンテージになってくれるでしょう。

「OP-01」は「23コルト」の中軸を担う23GCORS-572UL-TS、23GCORS-572UL-HS、23GCORS-612L-HS、23GCORS-622UL-HS、23GCORS-642L-HS、23GCORS-642L-Tの6機種に採用。「OP-01」の詳細は公式HPでも公開されていますので、より詳しく知りたいという方は「こちら」をチェック。

IPSリールシートとVSSリールシートを採用した機種も

左:IPSリールシート
右:VSSリールシート

上の画像の通り、他の3機種23GCORS-592XUL-Sは軽量なIPSリールシートをダウンロック方式で採用。23GCORS-6102L-HS、22GCORS-802ML-HSは、軽量・細身なVSSリールシートのダウンロック方式。こちらも軽量かつ感度に優れていて、繊細なアタリや潮流などを敏感に捉えることに長けているとのこと。

グリップ設計もブランクタッチしやすいフロントグリップレス仕様

いずれのモデルにしても、グリップはブランクタッチしやすいフロントグリップレス設計でセパレートグリップを採用。リアグリップ部は最小限の大きさに留められていることで軽量化を実現。繊細なリグ操作に優れています。

リールシート設計と相まって、より感度・操作性が向上しています。

強靭なブランクス

ブランクスには高弾性カーボンが使用され、細身軽量でありながら張りがあるのが特長。バットセクションには「ライトウエイトグラファイトクロス」をバイアスカットという強度を高める補強方法で巻かれていることで、捻れ方向の強度が大幅にアップ。

ライトウエイトグラファイトクロスとは?

因みに「ライトウエイトグラファイトクロス」とは、織物の中でも最軽量を誇るスーパー織物で、軽いだけじゃなくてパワーもバツグンなのが特長。グラファイトクロスと同様、ネジレや潰れにも強い作りになっています。

感度を数値化した「O.S.S.」を採用

高感度の証! 「O.S.S.(OLYMPIC Sensitivity System)」も採用。

こちらは数値化した感度の基準をクリアしたモノ、このシステムが採用されている機種は超高感度の証。啄むようなバイトもシッカリ伝達して即フッキングへ移れます。

「23GCORS-572UL-TS」にはチタンソリッドティップを搭載

こちらも注目していただきたいポイント。

23GCORS-572UL-TSにはオリムピック独自の特許技術でカーボンチューブラー構造と接続されたニッケル・チタン穂先を採用。

異素材であることのメリットを最大限に発揮。

魚のアタリはモチロン、潮流の微かな変化も手元に伝わりやすくなっています。度重なるテストによるフィードバックと最新テクノロジーとの融合で誕生した非常に注目度の高い技術になります。

他にもコダワリが詰まりマクリ!

全機種にチタンフレームSiCリングガイドが標準装備

ガイドには、全機種共に軽量なチタンフレームSiC-Sリングガイドを採用。

572UL-TS/572UL-HS/592XUL-Sに搭載のガイド設計

612L-HS/622UL-HS/642L-HS/642L-T/6102L-HS/802ML-HSに搭載のガイド設計

ジョイント部

ロッドのジョイント部分には、スリップオーバーフェルール(逆並継)を採用。まるでワンピースのような優美なベンディングカーブを描きます。

各機種のスペック一覧

「23GCORS-572UL-TS」
2023年春発売予定

先径0.6mmの「極細ショートチタンソリッドティップ」を採用したモデル。チタンソリッドの特長を最大限に引き出すため、幾度となく先径・長さ違いでのテストを繰り返し、感度・先重り感・操作性をハイレベルな次元で融合。1g以下の操作性はモチロン、極細ラインを通した「もたれ感」が水中の状況を的確に伝えてくれる仕上がりになっています。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
1.7 UL Extra-Fast A 48 87.8 2 0.6 MAX2.5g MAX2lb 29,000円
「23GCORS-572UL-HS」
2023年春発売予定

ハードソリッドティップ搭載の漁港内、常夜灯周りをより軽量なリグで探るのに適したモデル。ハードソリッドティップは、超先調子のパリッと感でバイトを拾うセンサーソリッドとも言える設計。先径0.6mmのティップは、水中での繊細なリグ操作が可能。1g未満のジグヘッドでしか反応が無いシチュエーションなどに大活躍する1本。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
1.7 UL Regular-Fast A 52 88.3 2 0.6 MAX2g MAX2lb 28,000円
「23GCORS-592XUL-S」
2023年春発売予定

ソリッドティップ搭載のアクションと感度バランスを追求したモデル。レングスも6ftアンダーで、操作感度にも優れ、港湾部での軽量リグを扱うスペシャルチューン仕様となります。ティップからベリーのアクションはアミパターン時に必要とされる、荷重感度・操作性を突き詰めた設定としながらも、トレードオフとなる反響感度を犠牲にすることなく、現代アジングにおける理想のアクションと感度バランスを徹底追及。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
1.75 XUL Fast B 48 90.3 2 0.6 MAX1.5 g MAX1.5lb 28,500円
「23GCORS-612L-HS」
2023年春発売予定

ハードソリッドティップ搭載のアジングにおけるアクション・感度・バランス・操作性、どれをとっても非常に優秀な1本。ジグヘッド単体の使用を目的とした設計で、積極的にアジを掛けに行く攻めの釣りに最適なモデルとのこと。23GCORS-572UL-HSと同様、先径0.6mmのハードソリッドティップ搭載で、繊細な操作を得意としています。ビギナーやロッド選びに迷っているアングラーにオススメ。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
1.86 L Extra-Fast A 53 95.8 2 0.6 MAX 3g MAX 2.5lb 28,800円
「23GCORS-622UL-HS」
2023年春発売予定

ハードソリッドティップ搭載の現代アジングにおける理想のアクションと感度バランスを徹底追及したモデルです。ティップからベリーのアクションは、アミパターン時に必要とされる荷重感度・操作性を突き詰めた設定で、反響感度を犠牲にすることなくアクションと感度のバランスに優れているのが特長。62というレングスにすることで、シーズン・エリアを幅広く対応できるモデル。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
1.88 UL Fast A 53 96.7 2 0.6 MAX 2g MAX 2lb 29,000円
「23GCORS-642L-HS」
2023年春発売予定

ハードソリッドティップ搭載のシリーズ中、最もオールラウンドに使えるモデル。6ft4inの長すぎず短すぎないレングスで、ジグヘッドリグはモチロン、キャロやスプリットなどにも幅広く対応しているとのこと。場所も選ばず足元から沖まで狙えるエキストラファーストテーパー設計のモデル。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
1.93 L Extra-Fast A 55 99.6 2 0.6 MAX 4g MAX 2.5lb 29,300円
「23GCORS-642L-T」
2023年秋発売予定

6ft4inの長すぎず短すぎないレングスで、使用リグ・フィールドへの対応能力も高いモデル。1.1mmの極細チューブラーティップは、操作感度を犠牲にすることなく、反響感度の良さも相まって、高感度センサーを搭載しているかのようクリヤーなフィーリングになっています。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
1.93 L Fast A 55 99.5 2 MAX 4g MAX 2.5lb 29,300円
「23GCORS-6102L-HS」
2023年春発売予定

少し太めの先径0.7mmのハードソリッドティップを搭載した重量級のジグ単やキャロやスプリットなどを得意とするモデル。超繊細な攻め方というよりは、ロングキャストが求められる状況で活躍する機種。遠投してディープエリアをリフト&フォールで攻めたりも得意で、くせのないハリのあるブランクスで尺オーバーのアジを余裕で寄せるバットパワーには必見。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
2.08 L Extra-Fast C 56 107 2 0.7 MAX 5g MAX 0.3 29,500円
「22GCORS-802ML-HS」
2022年先行モデル

フロートリグやキャロライナリグで遥か沖合を攻めることに長けたロングレングスモデル。ハードソリッドティップ搭載で、沖合でも繊細なリグ操作と僅かなアタリも逃さない感度を備えています。ハリのあるベリーと強いバットパワーで大物相手でも主導権を譲らないのが特長。

Lenght
(m)
Power Action Grip Type Weight
(g)
Close
(cm)
Section
(pcs.)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line
(lb)
Price
(JPY)
2.44 ML Fast D 73 124.5 2 0.9 MAX20 MAX0.6 30,500円

以上の9機種が「23コルト」のラインナップになります。

全国各地で様々なメソッド・釣法で楽しめるアジング。ぜひ、お気に入りの1本を見つけてみてはいかがでしょうか?

オリムピック(OLYMPIC)

ブランクス性能と品質に徹底的にこだわった老舗「ロッド」メーカー。和歌山県すさみ町に4000坪という広大な工場を有し、あらゆるジャンルのロッドを生産、販売している。