ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【電動リール×ジギング】ダイワより電動ジギング専用のロッド「ネオステージ DG(電動ジギングモデル)」が登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

SLJ(スーパーライトジギング)やライトジギングなど、細分化が進む昨今のジギングゲーム。

なかでも近年注目を集めるのが、電動リールを使用した“電動ジギング”スタイルです。

電動リールを使用することで、重いジグの操作や、時に数百mもの深海からのジグの回収といった「ハンドルを回す」という重労働からアングラーを解放してくれるなど、様々なメリットが挙げられます。

また、電動リールによっては様々なジグの操作モードを搭載しているモデルも登場しており、ビギナーの方でも操作しやすいのが魅力。

今回は、そんな“電動ジギング”専用のロッド、ダイワの「ネオステージ DG(電動ジギングモデル)」をピックアップ。

青物~根魚まで幅広いターゲットを狙うことができる電動ジギング専用ロッドです。

ダイワ公式「電動GAME」特設ページはこちら

ネオステージ DG(電動ジギングモデル)【ダイワ】

2022年12月登場予定

「ネオステージ DG」は「J60B-4」・「J63B-4G」・「J63B-2」の3機種の展開。

電動ジギングタックルは基本的に船に持ち込むのは1タックルであることが多いため、各機種とも汎用性に優れた設計になっているとのこと。

「J60B-4」・「J63B-4G」に関しては、どちらも電動ジギングで出番の多いPE3~4号・150~300gクラスのジグに対応しており、それぞれ調子・素材が異なります。

「J60B-4」は、ジグの操作性を重視したやや張りを持たせたブランクに対し、「J63B-4G」はグラスコンポジットを採用し、少ししなやかな調子に設定しているとのこと。

対して、「J63B-2」は「200番クラスの小型電動リール」×「PE1~2号の細めのライン」での使用に照準を合わせた「電動ライトジギング」モデルとなります。

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ重量
(g)
適合
ラインPE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
J60B-4 1.83 2 125 225 2.8/10.9 160-350 3-4 87 38,800
J63B-4G 1.91 2 133 230 2.4/11.4 160-350 3-4 78 38,800
J63B-2 1.91 2 135 185 2.2/9.9 100-250 1-2 84 39,900

ブランクの素材にはHVF NANOPLUS(エイチブイエフ ナノプラス)を、構造もパワーロスを抑え、ロッドのネジレを徹底的に排除したX45フルシールド(=X45コブラシールド)も採用されています。

ダイワ公式「ネオステージ DG(電動ジギングモデル)」詳細ページはこちら

電動ジギング専用設計の「ネオステージ DG」

「ネオステージ DG」は電動ジギング専用に設計されており、各所にこだわりが散りばめられています。

特にリールシートに関しては、通常のリールに比べサイズが大きくなるため、取り付け用のナット部が長く設定されています。これによりスムーズに装着ができるのだそう。

滑り止め加工入りのアルミロングナットが採用されており、Wロック形式でより強固に取り付けが可能。

電動リールはウエイトもあるため、持った際のバランスがとりやすいようトリガーも4本指で包み込めるデザインにしているとのこと。

また、グリップに関してもストレート形状に設計。

段差をなくすことで、脇に挟んでジャーキングする際も違和感を与えないようにする工夫もされているとのこと。

ジグの操作中、コードが邪魔にならないよう、コードをグリップに束ねる用にロッドベルトも付属されています。

各機種の特長

J63B-4G

「J63B-4G」はグラスコンポジットを採用した低反発ブランクの高速巻きでも体に優しい電動ジギングモデル。

反発が少ないため、女性や体力に自信がない方でも安心の設計です。

またグラス素材なので、柔軟性に優れているので、ブリやヒラマサなどを電動高速ジャークで狙うスタイルにもマッチしているとのこと。ヒット時もしっかり曲がり込むため走りを吸収しバラシにくい特徴となります。

J60B-4

「J60B-4」は、適度な反発を持たせジグの操作を高めた電動ジギングモデル。

こちらは反発力が高く、ジグをしっかり動かしたい方にオススメ。

電動高速巻きだけでなくリールの速度を調整しながら、ロッドを使ったジャーキングも得意とし、根魚系など狭いレンジで細かくしっかり誘う釣りにもマッチしているとのこと。

汎用性が高く、1本で青物から根魚まで楽しめるオールマイティモデルとなります。

J63B-2

「J63B-2」は、200番クラスの小型電動リールにPE1~2号の細めのラインでの使用に照準を合わせた「電動ライトジギング」モデルです。

テーパーはスロージギングロッドのような反発力も持たせつつ、ライトジギングのしなやかさを融合させたブランクに設計しているとのこと。

100~200gクラスのジグで水深50~100mを狙う近海の青物やタチウオから、適合サイズを超えるが300g前後のジグで水深250mを超える中深海をスロースタイルで用いて狙うアカムツまで、様々なスタイルに対応しています。

ちなみに、いずれの機種の末番号は対応するラインを示しており、「J63B-2」であればPE2号まで、「J60B-4」・「J60B-4G」は、PE4号まで対応している表記となります。

J63B-2を使用した電動ライトジギング実釣動画はコチラ

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA船【船最前線】」詳細ページ

「ネオステージ DG」は汎用性に優れ、価格帯も手に取りやすいので、これから新たに電動ジギングゲームをはじめてみたい方にも非常にオススメ!

ぜひチェックしてみてください!

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!