ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【新発想な吊るしとは?】琵琶湖パワーフィネス攻めでデカバス連打!加木屋守(マーモ)による「muta × B.A.I.T. CLASSIC 」出場レポート

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは! マーモです。

今回は先日琵琶湖で開催された「muta × B.A.I.T. CLASSIC 」という試合に招待していただき、出場してきましたのでその模様をレポートさせていただきます。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

マンメイドストラクチャーに吊るす新感覚釣法でデカバス連打!「琵琶湖パワーフィネス攻め」

琵琶湖の試合は初めてということで、北湖も南湖も走りまくりながら、色々探したのですが、1つパターンを見つけたのが琵琶湖パワーフィネス! パワーフィネスと言えばストラクチャーの吊るしを思い浮かべるとは思いますが、これをマンメイドストラクチャーに吊るします。

取水塔やロープなど、そういったマンメイドストラクチャーにバスが付いていて、そこに「ビーク」(4.3g)を使ったパワーフィネスタックルで攻めるとプラクティスでは3〜5kgクラスが連続キャッチできたり、カナリ面白い釣りを展開できました。

ジャッカル公式「ビーク」詳細ページはこちら

トレーラーには「RVバグ」、「旧コイケ」、「ドリフトフライ」などを、シチュエーションによって使い分けました!

RVバグ

ジャッカル公式「RVバグ」詳細ページはこちら

ドリフトフライ

ジャッカル公式「ドリフトフライ」詳細ページはこちら

タックルはプロトの「RV-S68MH+」にPEライン1.5号。リーダーは「 レッドスプール」(16Lb)を使用しました。

ジャッカル公式「レッドスプール」詳細ページはこちら

これは琵琶湖だけではなく、木以外に吊るす釣り方はどこでも効くと思います。地元の長良川でもそういった場所に吊るして使う方法があるので、皆さんも色んな所でお試しください!

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!