ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【長時間の使用でも疲れにくい】良く曲がり良く粘る強靭なブランクスで青物を激寄せ!オリムピック「20 プロトン」で冬のジギングを満喫

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

冬のジギング。

エキサイティングでパワフルな引きが楽しめるのはモチロンですが、ブリやサワラなど、身に脂が乗っていて食べても絶品ですよね。さて、そんな大物をジギングで攻略するには、強靭なリールやラインに、口を使わせるためのジグセレクトも肝心ですが、パワフルな青物のファイトに耐えていなして寄せるための、ロッドセレクトも重要。さらにジグを長時間シャクり続けるので「タフな設計でシャクり続けても疲れにくい」ロッドセレクトが大切になってきますよね。シーズン問わず言えることですが…。

さて、そんな条件を満たしたロッドがこちら。

20 プロトン【オリムピック】

オリムピックの王道ジギングロッド、「20 プロトン」になります。

オリムピック公式「20 プロトン」詳細ページはこちら

ジギングではメータークラスが掛かることもしばしば。ロッドパワーと長時間使用しても疲れにくいことは必要条件。「20 プロトン」には、高強度カーボンが使用されていて魚が掛かって負荷が生じると共に、フォアグリップからスローに曲がり込むように設計されています。大型青物と真っ向勝負できる作りに。ジグ操作時は素直に追従するティップにより、ジグを意のままコントロール。強くて疲労感の出にくいロッドに。

強靭なブランクス周辺

20 プロトン」の推しポイントの1つである「強靭」さ。

ブランクスには低~中弾性の薄物カーボンがメインに使用され、バットセクションにはオリムピック独自製法「クワトログラファイトクロスXX」を搭載。それを「G-MAPS」製法で施すことにより、曲げやネジレに強い強靭さを秘めた軽量ブランクスに。圧縮への強さに対しても優れた特性を発揮します。

ブランクのしなり戻り(形状復元力)が早く、ジグ操作時は、ややレギュラーファーストなティップセクションで、バーチカルでもドテラでもジグの動きをコントロールさせやすく、掛かってロッドに負荷が生じるとグリップ部からロッド全体がスローに曲がり込む作りに。ドラグを強めに設定し、曲がった状態をキープさせているだけで、魚が自然と浮いてくるほどのパワーが秘められています。大型青物にも主導権を与えない粘り強さを秘めています。

各パーツにもコダワリが

粘り強い強靭なブランクス以外にも、ガイドやグリップ周辺にこだわられている「20 プロトン」。他の特長にも注目していきましょう!

ガイド

全ガイドへ強度面に優れたステンレスフレームにSiC-Sリングを搭載。バット部にはステンSiCオーシャンガイド(MNSG)を採用。その他にはSiC-S・Kガイドを使用。20GPTNS-59-5はオールダブルフットガイド仕様に。

リールシート

リールシートにはDPSリールシートを搭載(58-2・62-3・62-4にはDPS18、59-5 DPS20)。緩みを防ぐダブルロックナット仕様に。

グリップエンド

グリップには高硬度EVA。エンドにはラウンド形状のラバーコルクを採用したヘビーデューティー仕様。

出典:オリムピック公式「20 プロトン」詳細ページ

1 / 2
次へ