ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカルから「タイドペッパーペケテール」が登場!開発者・石川仁希が特長・使い方など徹底解説!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
アジング特集

SWライトゲームの定番として人気を博している「アジング」。

ジャッカルからも多くのアジングワームが登場し、2022年10月には新色が6色登場し、さらに盛り上がりを見せています。

【釣れそうなカラーがぞろりと】ジャッカルの定番アジングワームに新色が登場!特長・使い方を石川仁希が徹底解説!

さて、そんなジャッカルのアジングワームですが、この度新しいルアーが登場します!

ペケテールタイドペッパー【ジャッカル】

2022年11月登場

その名も「ペケテールタイドペッパー」!

リブなしボディにクロステールのピンテールを搭載したピンテール系ワームで、カナリ繊細にアジを誘えるワームに仕上がっています。

Name Length Quanity Price(税込)
PEKETAIL TIDEPEPPER 2″ 2inch 10本入 ¥495

ジャッカル公式「ペケテールタイドペッパー」の詳細ページはコチラ

さてそんな「ペケテールタイドペッパー」ですが、今回、開発者であるジャッカル・フィールドスタッフの「石川仁希」さんにお話を伺ってきました!

開発者・石川仁希に訊いた「ペケテールタイドペッパー」のこだわり

石川さんにこだわりを訊くと「1番こだわったのは使いやすさ」なんだそう。初心者の方でもレンジを刻みやすく、水中でどこにルアーがあるかわかりやすい。そんなワームを目指したんだとか。

リブなしボディにより水抜けがバツグン

「アジングワームでリブなしって珍しいんですよ」と石川さん。リブをなくすことで水抜けが向上。

ロッドをサビいた時にスッと動いてくれ、ワームがどれくらい動いたか把握しやすく、初心者の方がどれくらいワームが水中で動いて、どのレンジにルアーがあるのかわかりやすいんだとか。

上級者の方が使っても、リブが水を受けて落とせなかったレンジに落とすといったこともできるようになっています。

台形ボディがじんわりフォール

水抜けがピンテール系ワームの「ペケテールタイドペッパー」は、円形状ではなく台形状を採用。これにより、リブなしボディによる水抜けの良さはそのままに、ゆっくりフォールさせることができるように!

さらに、台形ボディはアクションさせた時の戻りが非常に早く、テールのアクションレスポンスを向上させています。

テールのアクションレスポンスが高い

テールにはクロステールのピンテールを採用。このテールがわずかなロッドアクションやタダ巻き、潮流でもピリピリと震え、微振動を発生させます。

テールのクロス形状も適度な抵抗を感じさせてくれるので、動かしすぎてレンジを外してしまうということが起きにくくなっています。さらにアクションレスポンスが高いことから、激しいアクションが必要なく、激しく動かしてレンジキープが難しいということも克服しているそうです。

オールマイティに使えるサイズ感

ペケテールタイドペッパー」のサイズは2in。これは、アミパターンやプランクトンパターン、ベイトフィッシュパターン、マイクロベイトパターンなどの様々なパターンに対応できるサイズ。

さらに、豆アジ~尺アジまでサイズを選ばずに使うこともでき、パターン・サイズズ問わずに使える汎用性の高さも特長の1つです。

開発者・石川仁希の使い方

実際にロケにも「ペケテールタイドペッパー」をどっさりと! 実際にどうやって使うのかを訊いてきました!

使い方もサビくだけと簡単

使い方も簡単で、任意のレンジまで沈めたら軽くサビき、糸ふけをとるだけ! レスポンスのいいクロステールのピンテールは軽いアクションでも微波動を発し続けるので、簡単なアクションでもしっかりとアジを誘うことが出るんだそう!

アクション後は“張らず緩めず”が大切

軽くサビいた後はラインを張らず緩めずにキープすることが大切なんだとか。ラインを張ってしまうとアジが違和感を感じてしまったり、アジの吸い込みバイトに吸い込まれにくくなってしまうんので注意!とのことでした。

次のページではカラーバリエーションを紹介!
1 / 2
次へ