ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【国内生産で全機種2万円台】低弾性から中弾性カーボンの採用で“美しい曲がりでターゲットを翻弄”!オリムピック「ベレッツァRV」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

シーズン開幕、“エリアトラウトゲーム”。

ショートバイトが多く、確実に掛けるために低伸度のラインや状況に合ったルアーセレクト、良く刺さるフック選びなど…。こだわる箇所も様々ですが、やはり肝心なのはアングラーの手元にアタリをシッカリ伝達し、狙った所へキャストを決める為の「ロッド選び」も重要。さて、今回はシーズン開幕したばかりのエリアトラウトゲームを満喫していただくため、参考用としてこちらのロッドを紹介。

ベレッツァRV【オリムピック】

そのロッドがこちら。オリムピックのエリアトラウトロッドシリーズ“ベレッツァ”の中でも比較的入手しやすい価格帯に設定されたコスパが魅力の「ベレッツァRV」。本体価格が全機種2万円台という価格帯で国内生産を実現! エリアトラウトゲームを本格的に始めたいという方や、やり込まれている方のサブ機にぜひ!

オリムピック公式「ベレッツァRV」詳細ページはこちら

低弾性から中弾性カーボンを使用!綺麗なカーブを描く

ベレッツァRV」には低弾性から中弾性カーボンが採用されていて、ターゲットを掛けると共にキレイな曲がりを実現! ロッドのしなりを利用してターゲットを引き寄せる粘り強い作りになっています。因みに、名前にもなっている「ベレッツァ」はイタリア語で「美しさ」という意味を持ち、正にこのロッドに相応しいネーミング。

ブランクスに“グラファイトクロスLV”を使用

メイン素材の上には「グラファイトクロスLV」というオリムピック独自素材が採用されており、ネジレや潰れに対する粘り強さと軽量化を両立。

ロッドがキレイな弧を描き、ブランクスの反発力を活かしてスムーズにターゲットを引き寄せます。よって、「乗せやすさ」と「バレにくさ」を両立し、タダ巻きしているだけでオートフッキング、そのままファイトするだけでランディングまでスムーズに持ち込むことができます。

因みにグラファイトクロスLVとは、グラファイトクロスの重量と成型厚み、タテ・ヨコの繊維構成比はそのままで、約10%の軽量化を実現した薄い織物。また、見た目もグラファイトクロスより、カーボン模様の特徴であるマス目が大きく映し出されていて、見た目もカッコいいデザインに仕上がっています。「軽くて強い」。それが「グラファイトクロスLV」。

一般的なエリアトラウトロッドよりもレングスが長め…、その理由とは

6ftから6ft7inまで、「ベレッツァRV」は一般的なエリアトラウトロッドと比較するとレングスが長め。理由は軽量ルアーを投げ慣れていない初心者の方でも、簡単にスプーンや小型プラグをキャストして、飛距離を出せるようにするためです。

ガイドやグリップ周りにも注目

ガイドやグリップ周りなど、細かい所にまで工夫が施されている「ベレッツァRV」。では、各パーツにも注目していきますね。

ガイド

ガイドは全機種共通してトップガイドにはSiCリング、他はアルコナイトリングを採用。オリムピックオリジナルのKRガイドシステムが搭載され、絶妙なバランスでセッティング。

リールシート

握りやすくて操作性バツグン。VSSリールシートをダウンロックで採用。

グリップ

グリップマテリアルは高強度・耐久性に優れているEVAをストレートグリップで採用。こちらもシンプルで握りやすく、操作性も高める形状に設計。

ジョイント

ジョイント部はフェルール(逆並継)で、ワンピースロッド並みのキレイなベンディングカーブを描きます。

1 / 2
次へ