ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

第一精工公式YouTubeチャンネルにてバチコンアジング動画公開中!動画内で活躍した便利アイテムをまとめて紹介!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

近年、注目を集めるバチコンアジング。

通年で楽しめますが、秋冬のシーズンは30cm超えのアジが狙えるなど、盛り上がりを見せるようになります。特にこれからの季節は冬に向けてアジが脂肪を蓄えるので旨みが凝縮されているのだとか。

先日、第一精工からバチコンアジング動画も公開されました! スタッフの森本さん、堀川さんによるビギナーの方でも分かりやすく、そして楽しめる内容となっています。

森本 寛史(Hirofumi Morimoto) プロフィール

第一精工の営業部。「ラーク森本」という愛称で親しまれ、持ち前の面白くて明るいキャラクターで「四季の釣り」をはじめとした釣りメディアでも広く活躍中。最近ではYouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」での動画配信も積極的に行っている。

堀川 泰知(Taichi Horikawa) プロフィール

ほりっぴ~という愛称で親しまれ、日頃は第一精工の営業部として活動中。面白いトークで笑いを取りに行くキャラクターを活かし、釣りメディアやYouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」などで広く活躍中。

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

今回はそんなバチコンアジングで活躍する第一精工アイテムを5選ピックアップしてご紹介! 他の釣りでも活躍するアイテムも多く、持っておいて損なしのアイテムです!

ライトゲームでも活躍する「MCケース」シリーズ

バチコンアジングではワームやジグヘッドのローテーションが不可欠。そんなジグヘッド・ワームの収納にオススメなのが「MCケース」シリーズです。

ケースもスリットが入った特殊フォームタイプと、仕切板無しのフリータイプ、仕切板付のワームケースの3種類が展開。サイズも138mmタイプと195mmの2サイズがラインナップされています。

ジグヘッドの収納にはスリットが入った特殊フォームタイプの「MCケース#138S/#195S」

ジグヘッドの収納にはスリットが入った特殊フォームタイプの「MCケース#138S/#195S」がオススメ。

ワームを刺した状態でもセットができるので、交換もスムーズ。またウエイトをより分かりやすく収納できる「ウェイトフラグス」も展開されています。

「ウェイトフラグス」は、スリットケースにシールを貼って差し込むだけで、より見やすく分類することができるアイテム。

バチコンアジングは主にナイトゲームのため、ジグヘッドのみではウエイトが判別しにくいことも多々あります。そんな場面にも「ウェイトフラグス」は大活躍します。

モデル 内寸 外寸 素材 価格(税込)
MCケース#138S 138×84×19mm 146×103×25mm ポリプロピレン マット

発泡ポリエチレン

¥572
MCケース#195S 195×114×20mm 205×137×26mm ¥935

第一精工公式「MCケース#138S/#195S」詳細ページ

ワームの収納には仕切板付ワームケース「MCケース#138P/#195P」

「MCケース#138P」は3~18区画に、「MCケース#195P」は4~20区間にできる仕切板付ワームケース。

サイズにあわせて仕切りを調整することができ、フタにはワームがくっつきにくくするピラミッド加工をが施されています。

モデル 内寸 外寸 仕切板 素材 価格(税込)
MCケース#138P 138×84×19mm 146×103×25mm 9枚付属 ポリプロピレン ¥374
MCケース#195P 195×114×20mm 205×137×26mm 16枚付属 ¥715

第一精工公式「MCケース#138P/#195P」詳細ページ

アジを掴むのに便利な「ガーグリップMCカスタム」

続いては、釣ったアジを掴むのに便利な「ガーグリップMCカスタム」

手を汚さずに掴むことができ、魚を掴む際にも非常に重宝するアイテムです。アジはヒレも鋭く、素手で掴もうとするとゼイゴなどでケガをする可能性もあります。

釣り上げた後、暴れると外傷で食べた際の味が落ちる原因にもなります。

また、「ガーグリップMCカスタム」はホルスターもセットになっているので、ベルトやバッグに取り付けることでスムーズに使用することができます。ホルスターの背面には様々なベルトに対応したアール形状ハンガーが搭載され、カラビナも付属。

バッグやゲームベスト、タックルキャリアー、バッカンの枠など、様々な所へ装着することができます。

セーフティロープ(最大120cm)も付いているので、不意の脱落や紛失なども防止してくれます。六角レンチで、ロープ装着位置の調整なども可能です。

サイズ ウエイト マテリアル 価格(税込)
GAR GRIP 235x58x16mm 120g GFRP(ガラス繊維強化プラスチック含有率55%) ¥4,950
HOLSTER 237x43x35mm 70g

第一精工公式「ガーグリップMCカスタム」詳細ページはこちら

仕掛けの台紙・糸クズの収納に「ジャンクポケット#130」

どの釣りにも共通しますが、糸クズなどのゴミは必ず発生します。そんな時に便利なのが、「ジャンクポケット#130」

「ジャンクポケット」には130のサイズと65の2サイズが展開。

ラインの切れ端や仕掛けの台紙、使い終えたワームなど細かいゴミから大きなものまで収納することができます。

どちらもアール形状ハンガーとカラビナが付属されているので、バッグやベルトなどにも取り付けることができます。

サイズ 重量 素材 付属 価格
143×81×50mm 78g PP(ポリプロピレン) カラビナ付き ¥990(税込)

第一精工公式「ジャンクポケット #130」詳細ページはこちら

フック外しにも便利な「ガンプライヤー+ホルスター」

釣れた後の便利なアイテムといえば、「ガンプライヤー+ホルスター」

ホルスター内でリンク機構を採用したガングリップ型プライヤーで、フック外しやラインカッターなど様々な場面に活躍します。

素早くフックも外れるので、小さいアジが釣れたときもすぐにリリースすることができます。

ガングリップのため視界が確保しやすく、先端のプライヤー部分は滑りにくいセレーション加工とラインカッターを装備したリンク機構を採用しています。

サイズ ウエイト 価格(税込)
ガングリップ 180×85×16mm 93g ¥6,600
ホルスター 193×31×29mm 65g

第一精工公式「ガンプライヤー+ホルスター」詳細ページはこちら

2WAY仕様で取り込み時のトラブル回避にもオススメ!「マルチスタンド130」

そして最後は、2WAY仕様の竿置き「マルチスタンド130」。

出典:第一精工公式「マルチスタンド130」詳細ページ 

パイプをクルッと回せばスタイル変更可能で、移動時などはロッドを立てたロッドスタンドスタイルに、取り込みなどは仕掛けが絡みにくいロッドキーパースタイルと使い分けが可能。スピニング・ベイト、両方のタックルに対応します。

バチコンアジングは仕掛けがエダス状になるため、取り込み時などに糸がらみが起こりやすく、それでいてティップも繊細なものが多いため破損のリスクも高くなります。そんなときにも「マルチスタンド130」は大活躍!

先日130のサイズのほか、160のサイズも新たに追加されました。

モデル 対応ロッド径 クランプ取付有効幅 ロッド角度 材質 備考 重量 収納サイズ 本体希望価格 (税込)
マルチスタンド130 Φ36mm以下 15~130mm (タテヨコ取付) 上下8段階首振り

角度自由自在

ガラス繊維強化プラスチック ラインフック搭載
ハンドルリング付属
588g 255mm×135mm×74mm ¥5,720
マルチスタンド160 Φ36mm以下 85~160mm[添木を使用:0~160mm] 上下8段階

首振り角度自由自在

ガラス繊維強化プラスチック ラインフック搭載
クイックボルト機能搭載
842g 312mm×157mm×74mm ¥10,780

第一精工公式「マルチスタンド130/160」詳細ページ

以上、バチコンアジングで活躍するアイテム5選をご紹介しました。

バチコンアジングはゲーム性が高く、オフショアビギナーの方でも楽しめる釣りです。ぜひチェックしてみてください!

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。