ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大阪府・岸和田一文字ショアジギング!バッドコンディション時はとにかく“ただ巻き”が効きます!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは。ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

今回は大阪府・岸和田一文字にてショアジギングを楽しんできました!爆風波高とかなり厳しい状況の中、ジャックアイシリーズで青物を攻略してきましたので、その釣行を振り返りたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

荒れた状況こそマキマキの出番!バッドコンディション下ではとにかく‟ルアーの扱いやすさ“が大切!

当日は岸和田一文字の超ロコアングラー「釣れない猫」さんをお招きし、合同で撮影を行いました。

ただ、この日は爆風波高・強烈な濁りのかなり厳しいコンディション。横風が強いためジグコントロールがなかなか安定しません。

しかし、荒れた状況でも扱いやすいのが「ジャックアイマキマキ」。厳しいコンディションの中で釣果を出すために必要なのは、とにかく扱いやすいこと。マキマキは数あるメタルジグの中でもダントツに扱いやすいメタルジグ。本当にただ投げて巻くだけなので、安定してアプローチさせることができます。

濁りの強い中でもブレードがしっかりアピールし、フラッシングと波動で魚を寄せることができます。もはやオートマチックに魚を誘うことができる、非常にオススメのメタルジグです。

「釣れない猫」さんによると、今年はピンク系のカラーがアタリカラーらしく、今回は「ジャックアイマキマキ」の40g・ケイムラピンキーセクシーをチョイス。

すると猫さんに待望のヒット!ヒットジグは「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」のケイムラコットンキャンディでした。

「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」はサゴシ対策にアシストフックがワイヤー仕様に改良されたモデルのため、太刀魚やサワラ、サゴシが掛かったとしても安心です。

その後も同サイズを連続ヒット。岸和田一文字ではピンク系が強いのは本当でした!

ジャックアイ マキマキ【ハヤブサ】

ウエイト カラー メーカー希望小売価格 (税込)
20g 9色 ¥913
30g 9色 ¥957
40g 9色 ¥1,001
60g 9色 ¥1,067

ハヤブサ公式「カンタン巻くだけブレードジグジャックアイマキマキ」詳細ページはこちら

ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル【ハヤブサ】

出典:ハヤブサ公式「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」詳細ページ

重さ(g) カラー 税込価格
30 4色 ¥968
40 4色 ¥1012

ハヤブサ公式「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」詳細ページはこちら

フォールバイトでメジロゲット! ブレードは巻いても落としてもOKな最強ギミック!

風もかなり強くなってきたタイミングで、フォール中にガツッと強烈バイト。

かなり沖のほうで掛けたので、ファイト時間を長時間楽しむことができました。最初はハマチくらいのサイズかと思いましたが、魚が近づくにつれて引きも強烈に。上がってきたのはコンディション抜群のメジロでした。

マキマキはただ巻き、フォール、ストップなどすべてのアクションにブレードアピールの要素があるため、水中にあれば常時アピールしているといっても過言ではありません。ブレードに貼られているホログラムシールもフラッシングを増強させている要因なのです。

今回も厳しいコンディションの中、マキマキで釣果を出すことができました。濁りの強い中では直進性のある動きのただ巻きがオススメ。

とにかく風が強い時、波が高い時こそ、マキマキのような使いやすいメタルジグでアプローチさせることをオススメします。

 

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。